『AKIRA』ドルビーシネマにて12月4日から上映へ

原作者・大友克洋氏自らが監督を務め、製作期間3年、総製作費10億円を費やして誕生した伝説の劇場アニメーション『AKIRA』('88)がこの度、12月4日(金)よりドルビーシネマにて上映することが決定した。

最新ニュース スクープ
原作者・大友克洋氏自らが監督を務め、製作期間3年、総製作費10億円を費やして誕生した伝説の劇場アニメーション『AKIRA』('88)がこの度、12月4日(金)より「DOLBY CINEMA(ドルビーシネマ)」にて上映することが決定した。

「ヤングマガジン」(講談社)にて1982年12月より連載が開始された「AKIRA」。その独創的な世界観を持ったコミックは、国内はもちろん海外にまでその名を広め、書籍・キャラクターグッズなど驚異的な数字を記憶し、世界的なセールスに成功したマンガ史に残る傑作のひとつ。

IMAX版として今年4月に上映されていた本作。今回、35mmマスターポジフィルムから4Kスキャンされた映像を、「ドルビービジョン」HDR映像にリマスターすることによって、従来のフォーマットでは表現が不可能だったコントラスト、輝度、色域で「AKIRA」の映像を再構築。従来のフォーマットでは、潰れてしまっていた明るい光や隠れてしまっていた暗部の深いディテールが表現されることで、没入感あふれる映像体験ができる。

なお、音声はすでに上映された「AKIRA デジタルリマスター版」と同じ仕様とのこと。

『AKIRA』は12月4日(金)より全国ドルビーシネマにて上映。
《text:cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top