女子高生と中年男の連続殺人鬼が入れ替わる…『ザ・スイッチ』新場面写真

気弱で冴えない女子高生と中年男の連続殺人鬼の入れ替わりを描くホラー映画『ザ・スイッチ』より、新たな場面写真が到着した。

映画 洋画ニュース
『ザ・スイッチ』(C)2020 UNIVERSAL STUDIOS
  • 『ザ・スイッチ』(C)2020 UNIVERSAL STUDIOS
  • 『ザ・スイッチ』(C)2020 UNIVERSAL STUDIOS
  • 『ザ・スイッチ』(C)2020 UNIVERSAL STUDIOS
  • 『ザ・スイッチ』(C)2020 UNIVERSAL STUDIOS
  • 『ザ・スイッチ』(C)2020 UNIVERSAL STUDIOS
  • 『ザ・スイッチ』(C)2020 UNIVERSAL STUDIOS
  • 『ザ・スイッチ』(C)2020 UNIVERSAL STUDIOS
気弱で冴えない女子高生と中年男の連続殺人鬼の入れ替わりを描くホラー映画『ザ・スイッチ』より、新たな場面写真が到着した。

女子高生ミリーは、家では夫と死別した悲しみを紛らわすかのようにアルコールに溺れる母と、警察官の姉の板挟み。学校では嫌がらせのターゲットにされ、我慢を強いられる日々。親友のナイラ、ジョシュと過ごす時間がわずかな慰めだった。その日の夜、ミリーに邪悪な影が忍び寄る。連続殺人鬼ブッチャーが鳴り響く雷鳴とともに短剣を突き刺したとき、異変が起こり、ふたりは入れ替わってしまう。24時間以内に入れ替わりを解除しなければ、一生元の身体に戻れない――。

『ザ・スイッチ』(C)2020 UNIVERSAL STUDIOS
11月13日(金)に2,472館で公開され、371万ドルを稼ぎ全米初登場No.1スタートとなった本作(BOX Office Mojo調べ)。ロッテントマトではトマトメーターが85%フレッシュ、オーディエンススコアが82%と共に高評価を獲得(11月16日19時現在)し、“ホラーの帝王”スティーヴン・キングも予告編だけで「(主演の)ヴィンス・ヴォーンはアカデミー賞もの!クソ素晴らしい!」と大絶賛している。

今回公開された場面写真では、キャスリン・ニュートン演じるミリーと連続殺人鬼ブッチャー(ヴィンス・ヴォーン)が入れ替わる2人のビフォーアフターが切り取られた。

『ザ・スイッチ』(C)2020 UNIVERSAL STUDIOS
見た目は中年男、中身は女子高生となったミリー。親友と自分の身体を取り戻そうとブッチャーを探す一方で、見た目はJK、中身は殺人鬼のブッチャーは、赤のレザージャケットにメイクもバッチリ決め、クラスメイトも驚くほどの大変身を遂げる。

『ザ・スイッチ』(C)2020 UNIVERSAL STUDIOS
また、チェーンソーを構え、『悪魔のいけにえ』を彷彿とさせる場面写真も公開された。

『ザ・スイッチ』は2021年1月15日(金)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top