シム・ウンギョンの父役でリリー・フランキー登場!「七人の秘書」第6話は秘書軍団が看護師に

木村文乃主演の痛快ドラマ「七人の秘書」。11月26日(木)今夜放送の第6話は、リリー・フランキーがゲスト出演し、メインキャストで出演中のシム・ウンギョンとの“芝居バトル”が展開する。

最新ニュース スクープ
「七人の秘書」
  • 「七人の秘書」
  • 「七人の秘書」
名もなき秘書たちと、その元締めとなる影の男が、副業の人助けで非情な権力者たちを一掃していく姿を描く、木村文乃主演の痛快ドラマ「七人の秘書」。11月26日(木)今夜放送の第6話は、リリー・フランキーがゲスト出演し、メインキャストで出演中のシム・ウンギョンとの“芝居バトル”が展開する。

第6話では、萬田久子扮する東京都知事が倒れ、パク・サラン(シム・ウンギョン)が病院長秘書を務める慶西大学病院に救急搬送される。知事の入院を知った財務大臣・粟田口十三(岸部一徳)は、“日本一のゴッドハンド”として名高い東帝大学病院の心臓外科教授・白鳥六郎に執刀を依頼するが、その名を聞いたサランは動揺する。一方、ラーメン店「萬」には、東都銀行頭取秘書・照井七菜(広瀬アリス)に連れられ、夫と共に青果店を営む康子が来ていた。心臓に難病を抱える夫の手術日がようやく決まったにも関わらず、突然病院から断られたという。

そんな今回の“七人”の敵となるのが、リリーさん扮するスーパードクター・白鳥六郎。さらになんと白鳥は、幼い頃に母とサランを捨てた父親だという。母の死後、白鳥を捜すために日本に来たが、一度たりとも会ってもらえなかったと憎しみを露わにする…。

今回の見どころのひとつとなっているのが、リリーさんとシム・ウンギョンとの芝居バトル。シム・ウンギョンについてリリーさんは「一度共演してみたかった女優さん」と言い、「エモーショナルで繊細な演技と姿勢に感動しました。サランと六郎が親子の関係を伝え合う場面は、素晴らしいシーンになっていると思います」と共演をふり返る。

シム・ウンギョンは「いろんな作品を拝見させていただき、本当に個性的で繊細なお芝居をされる素敵な方というイメージがありました。カメレオンのように自由自在に芝居されるところがうらやましいと思っていました」とこれまでのリリーさんの印象を明かし、「リリーさんとの共演シーンは少し緊張していたのですが、私の芝居を優しく受け止めてくださってうれしかったです。ちなみに、リリーさんがお父さんだった、という事実は私にとっても衝撃でした(笑)」と共演した感想を語った。

さらに、ある企みを知った秘書軍団は、看護師に変装して病院に潜入する。


「七人の秘書」は毎週木曜日21時~テレビ朝日にて放送中。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top