ムーミンの生みの親トーベ・ヤンソンの半生描く『TOVE』2021年秋公開

「ムーミン」を生み出し、ムーミンと共に生きたフィンランドの作家トーベ・ヤンソンの半生を描いた映画『TOVE』(原題)が2021年秋に日本公開決定。本国版アートワークとアトリエにいるトーベの場面写真2点が解禁となった。

映画 洋画ニュース
「ムーミン」を生み出し、ムーミンと共に生きたフィンランドの作家トーベ・ヤンソンの半生を描いた映画『TOVE』(原題)が2021年秋に日本公開決定。本国版アートワークとアトリエにいるトーベの場面写真2点が解禁となった。

1944年のヘルシンキ。戦火の中でトーベ・ヤンソンは自分を慰めるようにムーミンの世界を作り、爆風で窓が吹き飛んだアトリエでの暮らしを始める。

型破りな彼女の生活は、彫刻家である父の厳格な教えとは相反していたが、自分の表現と美術界の潮流との間にズレが生じていることへの葛藤や、めまぐるしいパーティや恋愛を経つつ、トーベとムーミンは共に成長していく。自由を渇望するトーベは、やがて舞台演出家のヴィヴィカ・バンドレルと出会い、互いに惹かれ合っていく――。

『TOVE(原題)』 (C)2020 Helsinki-filmi, all rights reserved
トーベ・ヤンソン自身の人生からインスピレーションを得て生み出されたムーミンたちの冒険は、彼女に国際的な名声と自由をもたらし、文学、コミック、舞台劇、アニメーションなど、今日においても世界中の人々を楽しませ続けている。

戦時中、防空壕の中で怯えた子どもたちに語った物語からいかに原作が執筆され、そしてお馴染みのキャラクターたちが生み出されていったのか。トーベの人生のあり方とともに創作への情熱を描いていく。

本国フィンランドでは10月に公開されるや大絶賛で迎えられ、スウェーデン語で描かれたフィンランド映画としては史上最高のオープニング成績を記録、公開7週目においても本国の興行成績で1位を記録。さらに、第93回アカデミー賞国際長編映画賞フィンランド代表作品にも選出された。

『TOVE(原題)』 (C)2020 Helsinki-filmi, all rights reserved
今回併せて解禁された場面写真では、アトリエで絵筆をふるうトーベ、さらにムーミンを描く様子が収められている。

『TOVE』(原題)2021年秋、新宿武蔵野館、Bunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top