清野菜名が福士蒼汰と夫婦役、北大路欣也は師匠に「神様のカルテ」

福士蒼汰主演「神様のカルテ」に清野菜名と北大路欣也が出演することが明らかになった。

最新ニュース スクープ
ドラマスペシャル「神様のカルテ」(C)テレビ東京
  • ドラマスペシャル「神様のカルテ」(C)テレビ東京
  • ドラマスペシャル「神様のカルテ」(C)テレビ東京
  • ドラマスペシャル「神様のカルテ」(C)テレビ東京
  • ドラマスペシャル「神様のカルテ」(C)テレビ東京
  • 「神様のカルテ」原作書影(C)夏川草介/小学館
シリーズ累計330万部を超える夏川草介の大ベストセラー小説「神様のカルテ」を、福士蒼汰主演で1月にドラマ化。この度、主人公を支えるキャラクターとして、清野菜名と北大路欣也の出演が明らかになった。

本作では、原作の「神様のカルテ」「神様のカルテ2」「神様のカルテ3」「新章 神様のカルテ」という計4冊の長編を、2時間×4話、計8時間という大型スペシャルドラマとして放送。


今回出演が明らかになった清野さんが演じるのは、栗原一止(福士さん)の妻“ハル”こと栗原榛名。信州の医療現場で幾つもの試練に立ち向かう夫を温かく支える、山岳写真家という役どころ。


また、「半沢直樹」の中野渡頭取役も話題となった北大路さんが、一止の師匠で“信州のゴッドハンド”と呼ばれる消化器内科部長・大狸先生(板垣源蔵)を演じる。


清野さんは「今回、新しい枠へのチャレンジに参加できることがとても光栄です。医療の現場で働いている皆様に、改めて尊敬の念を込めて、作品づくりをしていこうと思います」と今作へ意気込み、「みなさんの、心のどこかを少しでも支えられるような作品になると嬉しいです」とコメント。

「自然体で参加したい」と話す北大路さんは、「初心(うぶ)な心を大事に素直に生き抜く男、大狸先生に憧れます」と演じるキャラクターについて語っている。

またキャスト発表と共に、福士さん演じる一止を含む3名の役写真も到着した。

ドラマスペシャル「神様のカルテ」は2021年1月、テレビ東京系にて放送予定。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top