向井理が石原さとみの夫役「人生最高の贈りもの」主要キャスト発表

石原さとみ主演、岡田惠和脚本の父と娘の絆の物語を描く新春ドラマスペシャル「人生最高の贈りもの」。この度、寺尾聰、向井理、勝地涼、キムラ緑子、角野卓造の出演が明らかになった。

最新ニュース スクープ
新春ドラマスペシャル「人生最高の贈りもの」(C)テレビ東京
  • 新春ドラマスペシャル「人生最高の贈りもの」(C)テレビ東京
  • 寺尾聰/ドラマ「仰げば尊し」舞台あいさつ
  • 向井理「わたし、定時で帰ります。」のプレミアム試写会&舞台挨拶
  • 「サイレント・トーキョー」製作発表会見 勝地涼
  • キムラ緑子/ドラマ「ゴーストライター」トークイベント
  • 角野卓造/『HERO』初日舞台挨拶
石原さとみ主演、岡田惠和脚本の父と娘の絆の物語を描く新春ドラマスペシャル「人生最高の贈りもの」。この度、寺尾聰、向井理、勝地涼、キムラ緑子、角野卓造の出演が明らかになった。

物語は、自身の余命がわずかであることを知った石原さん演じる主人公・田渕ゆり子が、突然実家の父親のもとに帰省するところから始まる。これまで父と娘の会話をろくにしてこなかったゆり子と父の、ぎこちないながらも久しぶりの2人暮らし。温かく穏やかな生活を送る中で、娘の運命を知った父はその運命をどう受け入れ、どう向きあい、そしてどんな同じ時を過ごすのか――?

ゆり子の父親で元大学講師の翻訳家・笹井亮介は、日本を代表する名俳優の寺尾聰が演じる。妻に先立たれ、小さな洋館に一人で暮らす亮介は、家事も料理も完璧にこなすが、仕事に対しては自由奔放。突如娘と久しぶりに暮らすことになり、戸惑いながらも不器用な愛情を持って接していく。

「俳優という仕事をしていてもそうしょっちゅう出会えるわけじゃない、10年に一本出会えたらラッキーだというくらい良いシナリオで、久しぶりに鼻をすすったし、読みごたえを感じました」と台本を読んだ感想を明かした寺尾さんは、「石原さんは以前から、『どんな女優さんかな?』と注目していたので、今回初共演で親子役と聞いて、一緒に芝居をできることを楽しみにしていました。実際にやってみると、とてもよかった。表情も豊かで、演技も自然だった。やってるうちに『本当の父娘』のような気がしてくるほどでしたね」と石原さんについてコメントしている。

寺尾聰/ドラマ「仰げば尊し」舞台あいさつ
亮介の元教え子で、英語教師のゆり子の夫・田渕繁行役は向井理。長野県安曇野ののどかな町で暮らす中、余命を知った妻のある思いを受け止め、優しく支えるという役どころ。「少しファンタジーのような印象で、現実的な話なのにどこかメルヘンチック」と物語の印象を明かした向井さん。「視聴者のみなさんに、お芝居を通して親子の関係や夫婦の関係、それぞれの関係を伝え、この作品の何か不思議なあたたかさを感じてもらえたらいいなと思います」と話した。

向井理「わたし、定時で帰ります。」のプレミアム試写会&舞台挨拶
また、亮介の担当編集者で締め切りを守らない亮介に頭を抱える野村役を勝地涼。亮介の亡き妻から「主人をよろしく」と頼まれたのを口実に、毎日のように勝手に笹井家に上がり込むご近所さん、原口光代役をキムラ緑子。亮介が本音を吐露できる古くからの友人・田辺正一役を角野卓造が演じる。

勝地さんは「野村を演じるにあたっては、面白いセリフもいっぱいあるけれど笑わせるのではなくて、ほっこりするような、箸休め的な存在になれればと心がけたつもりです。笑いのバランスは難しかったですが、野村と緑子さん演じる光代さんとの掛け合いを楽しんでほしいです」と見どころをアピール。

「サイレント・トーキョー」製作発表会見 勝地涼
キムラさんは「はじめて台本を読んだとき、こんな優しさってあるのかなってくらいの『超がつく』優しさを感じて、本当にいいお話だなと思いました。ちょっと胸が痛いけどいい痛さというか、、、。ご覧くださる方が大切な誰かのことを考えたり思い出したりする時間になればいいなと思います」と物語について語り、角野さんは「出演者はそんなに多くないし、割と語らない、本音をすぐに言ってしまわないところにこのドラマの良さがあるなと思います。そこが大好きなので、そういったところを楽しんでいただければと思います」とコメントした。

新春ドラマスペシャル「人生最高の贈りもの」は2021年1月4日(月)20時~テレビ東京系にて放送。地上波放送終了後ひかりTVで配信。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top