『都会のトム&ソーヤ』2021年公開&初映像!城桧吏が新世代RPG×謎解きに挑む

『万引き家族』『約束のネバーランド』の城桧吏が映画初主演を務め『都会(まち)のトム&ソーヤ』が、2021年に公開決定、超特報とティザービジュアルが解禁

映画 邦画ニュース
『万引き家族』『約束のネバーランド』の城桧吏(じょう・かいり)が映画初主演を務めた『都会(まち)のトム&ソーヤ』が、2021年に公開決定、超特報とティザービジュアルが解禁された。

>>『都会のトム&ソーヤ』あらすじ&キャストはこちらから

“マチトム”と呼ばれ、愛読されている大人気の推理小説シリーズを原作にした本作。“究極のゲーム”を作るため、都会の様々な場所を舞台に凸凹中学生コンビが推理と冒険を繰り広げる。どんな状況も切り抜けられるサバイバル能力を持つ内藤内人(ないとう・ないと)と、学校始まって以来の天才と言われ、一大財閥“竜王グループ”の御曹司である竜王創也(りゅうおう・そうや)という対照的なタイプの2人が活躍するバディものだ。

勉強も運動も普通の中学2年生、内人。この度、解禁となった超特報映像は何気ない日常を送っていた内人たちが“普通じゃない大冒険”につながる扉に足を踏み入れ、学校や街中で推理と冒険を繰り広げる様子を目にすることができる。


「制限時間は6時間」「リアルロールプレイングゲームだって噂だ」「これが本当にこの街を救うことになるのかよ!」…新世代RPG×謎解きに挑む内人&創也たちをとらえたスリル満点の超特報は、ジュブナイルミステリーの新たな金字塔を予感させる。

併せて解禁となったティザービジュアルは内人(城さん)&創也(酒井大地)の最強の凸凹コンビ2ショットをとらえたものになっている。

当初は2020年の劇場公開を目指していたが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため撮影を延期、2020年10月に撮影を再開し、このほど無事にクランクアップを迎えた。

『都会のトム&ソーヤ』は2021年、全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top