松井愛莉&金子ノブアキが登場、岩田剛典主演『名も無き世界のエンドロール』オリジナルドラマ配信へ

行成薫原作映画『名も無き世界のエンドロール』のオリジナルドラマ「Re:名も無き世界のエンドロール~Half a year later ~」が「dTV」にて配信されることが決定した。

最新ニュース スクープ
「Re:名も無き世界のエンドロール~Half a year later~」(C)行成薫/集英社 (C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会(C)エイベックス通信放送
  • 「Re:名も無き世界のエンドロール~Half a year later~」(C)行成薫/集英社 (C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会(C)エイベックス通信放送
  • 「Re:名も無き世界のエンドロール~Half a year later~」(C)行成薫/集英社 (C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会(C)エイベックス通信放送
  • 「Re:名も無き世界のエンドロール~Half a year later~」(C)行成薫/集英社 (C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会(C)エイベックス通信放送
  • 「Re:名も無き世界のエンドロール~Half a year later~」(C)行成薫/集英社 (C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会(C)エイベックス通信放送
  • 「Re:名も無き世界のエンドロール~Half a year later~」(C)行成薫/集英社 (C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会(C)エイベックス通信放送
  • 「Re:名も無き世界のエンドロール~Half a year later~」(C)行成薫/集英社 (C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会(C)エイベックス通信放送
  • 「Re:名も無き世界のエンドロール~Half a year later~」(C)行成薫/集英社 (C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会(C)エイベックス通信放送
行成薫原作映画『名も無き世界のエンドロール』のオリジナルドラマ「Re:名も無き世界のエンドロール~Half a year later ~」が「dTV」にて配信されることが決定した。

>>『名も無き世界のエンドロール』あらすじ&キャストはこちらから

オリジナルドラマでも、映画同様岩田剛典が主演を務める。映画では、幼なじみのマコト(新田真剣佑)と表裏一体のバディとなり、10年という歳月をかけて日本中を巻き込むある計画を実行していく闇の交渉屋・キダを演じているが、ドラマでは映画のラストから半年後のキダの姿を映し出す。彼の前に現れた1人の女性との出会いを通し、命を賭けた交渉に再び臨んでいくというストーリーだ。

マコトとの意外な繋がりを持つ謎の女性・ミチル役として松井愛莉。ミチルが働く裏組織のトップ、ケイ役として金子ノブアキが出演。新田さん、山田杏奈、石丸謙二郎、柄本明と映画出演キャストも再び集結している。

「Re:名も無き世界のエンドロール~Half a year later~」(C)行成薫/集英社 (C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会(C)エイベックス通信放送
原案は、原作者の行成さんが書き下ろし、監督も映画同様に総監督として佐藤祐市が務め、ドラマとしてもう一つのエンドロールを作り上げた。

到着した特報映像では、キダが交渉屋を名乗るシーンや、ケイと互いに銃を向け合う緊迫した場面が映し出されていく。


そして、差しこむ夕日を背景にキダが写るポスタービジュアルも公開。またそこには、「映画を観る前には絶対に観ないでください」と注意を促すコピーも添えられている。

「Re:名も無き世界のエンドロール~Half a year later~」(C)行成薫/集英社 (C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会(C)エイベックス通信放送
主演の岩田さんは「映画を観た後、キダはあの後どうなってしまうのか?というところがしっかり描かれている映画本編と繋がったストーリー展開が最大の見どころだと思います。松井さん、金子さんという魅力的なキャストの方々にも参加していただき、映画のその後の物語をdTVで配信できるという贅沢な取組みになっているので、映画を観た後、ドラマも楽しんでいただきたいです」とコメント。

「Re:名も無き世界のエンドロール~Half a year later~」(C)行成薫/集英社 (C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会(C)エイベックス通信放送
ドラマオリジナルキャストの松井さんは「すごく難しい役で最後まで悩みました。普段は明るく振る舞うミチルですが、抱えている過去、そしてミチルを取り巻く世界は闇が深いです」と役柄について語り、「闇の部分がここまでどん底くらい深い役は自分自身演じたことがなかったので不安でしたが監督と沢山話し合い、精一杯ミチルを演じました」と撮影をふり返る。

「Re:名も無き世界のエンドロール~Half a year later~」(C)行成薫/集英社 (C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会(C)エイベックス通信放送
同じくドラマオリジナルキャストの金子さんは「あぁ、これは僕にオファーが来そうな役だなぁと思いました(笑)」と役の印象を明かし、「所謂夜の街の在り方も時代と共に変わって来ています。今となっては前時代的に映るかもしれないこの舞台を、楽しんで頂ければ幸いです」とメッセージを寄せている。

「Re:名も無き世界のエンドロール~Half a year later~」(C)行成薫/集英社 (C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会(C)エイベックス通信放送
●「Re:名も無き世界のエンドロール~Half a year later~」あらすじ
日本中を巻き込む計画を実行したあのクリスマス・イブから半年後。キダの下に1通の依頼が舞い込んでくる。それは、ある男を組織から助け出してほしいというものだった。依頼に向かう中、キダは謎の女性・ミチルと出会う。ミチルはキダに向かって「1日あれば世界は変わる」と、幼なじみのヨッチが大事にしていたあの言葉を投げかけるのだった。

幼なじみ3人しか知るはずのない言葉を口にしたミチルに興味を抱いたキダは、彼女の素性を突き止めようとする。彼女は、恐怖で人を支配する裏組織のトップ・ケイに妹を人質に取られ、無理やり働かされる身で、実はマコトとの意外な繋がりを持った女性であった。運命を感じながら、彼女に心を開き始めるキダだったが、ケイに2人の関係がばれてしまいミチルは組織に捕らわれてしまう。ミチルを救い出すため、キダは命を賭けた交渉に再び立ち上がる。

「Re:名も無き世界のエンドロール~Half a year later~」は2021年1月29日(金)21時~dTV独占配信(全3話)。

『名も無き世界のエンドロール』は2021年1月29日(金)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top