ナムグン・ミン&パク・ウンビン主演「ストーブリーグ」先行レンタル3月から

ナムグン・ミン&パク・ウンビン主演の韓国ドラマ「ストーブリーグ」がTSUTAYA先行でDVDレンタル、DVD-BOXのリリースも決定した。

韓流・華流 スクープ
「ストーブリーグ」(c) SBS
  • 「ストーブリーグ」(c) SBS
  • 「ストーブリーグ」(c) SBS
  • 「ストーブリーグ」(c) SBS
野球経験ゼロのGMが最下位球団をたてなおす、ナムグン・ミン&パク・ウンビン主演の韓国ドラマ「ストーブリーグ」がTSUTAYA先行でDVDレンタル、DVD-BOXのリリースも決定した。

万年最下位のプロ野球チーム「ドリームズ」は、監督の立場が弱く、コーチたちはチーム内で対立、選手もプレー中にミスを連発するなど問題だらけ。さらには指名を受けた新入選手側が入団を断るほどで、球団運営陣は頭を抱えていた。そんなドリームズを立て直すためにやってきたのは、なんと野球未経験のゼネラル・マネージャー。

野球経験はないものの、数多くのスポーツチームを優勝に導いてきた手腕が買われ就任した彼は、早速腐った根っこからチームを正すべく、スター選手のトレードなど型破りな改革を始める。彼の斬新な戦略は選手やフロント陣の反感を買い、対立してしまうが――。

「ストーブリーグ」(c) SBS
本作は、野球をあまり知らなくても楽しめる、様々な困難を打破していく爽快ストーリー。選手がメインではなく、GMを始め球団を運営する会社スタッフたちが主人公として描かれる。手に汗握る交渉や戦略、困難を打破したときの爽快感、また、仕事以外に抱える悩みや家族問題の描写にも共感できる点が多く様々な面で楽しめる。

毎回予想を覆す展開と出演者たちの光る名演技で、第1話で5.5%ほどだった視聴率は、最終話では19.1%を記録。一桁を記録することも少なくない地上波ドラマで異例の快挙を成し遂げた本作。さらに「第56回百想芸術大賞」ではテレビ部門ドラマ作品賞、「ソウルドラマアワーズ2020」では韓流ドラマ優秀作品賞を受賞し、韓国ではスポーツをテーマにしたドラマのヒットは、チャン・ドンゴン主演の「最後の勝負」以来、実に25年ぶり、社会現象化した。

主演を務めたのは、「キム課長とソ理事」のナムグン・ミンと「法廷プリンス-イ判サ判-」のパク・ウンビン。ナムグン・ミンが野球経験ゼロのGMペク・スンスを、パク・ウンビンが球団のために奔走する運営チーム長のイ・セヨンを好演。「ホジュン~伝説の心医~」以来6年ぶりの共演となった。

「ストーブリーグ」(c) SBS
さらに、「シグナル」のイ・ジェフンが若きIT社長として特別出演しているのも見逃せない。


「ストーブリーグ」は2021年3月3日(水)TSUTAYA先行レンタル開始。

「ストーブリーグ」
2021年3月3日(水)よりTSUTAYA先行でレンタル開始
DVD-BOX1  2021年3月24日(水)発売
DVD-BOX2  2021年4月2日(金)発売
各14,400円+税
発売・レンタル販売元:PLAN Kエンタテインメント
セル販売元:ハピネット・メディアマーケティング
(c) SBS
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top