階層を貫く“穴”…「縦」空間のシチュエーションスリラー『プラットフォーム』予告編

ユニークでクセの強い作品が集まるトロント国際映画祭「ミッドナイトマッドネス部門」観客賞、シッチェス・カタロニア映画祭最優秀作品賞の『プラットフォーム』公開決定

映画 洋画ニュース
『プラットフォーム』 (C)BASQUE FILMS, MR MIYAGI FILMS, PLATAFORMA LA PELICULA AIE
  • 『プラットフォーム』 (C)BASQUE FILMS, MR MIYAGI FILMS, PLATAFORMA LA PELICULA AIE
  • 『プラットフォーム』 (C)BASQUE FILMS, MR MIYAGI FILMS, PLATAFORMA LA PELICULA AIE
  • 『プラットフォーム』 (C)BASQUE FILMS, MR MIYAGI FILMS, PLATAFORMA LA PELICULA AIE
  • 『プラットフォーム』 (C)BASQUE FILMS, MR MIYAGI FILMS, PLATAFORMA LA PELICULA AIE
  • 『プラットフォーム』 (C)BASQUE FILMS, MR MIYAGI FILMS, PLATAFORMA LA PELICULA AIE
  • 『プラットフォーム』 (C)BASQUE FILMS, MR MIYAGI FILMS, PLATAFORMA LA PELICULA AIE
  • 『プラットフォーム』 (C)BASQUE FILMS, MR MIYAGI FILMS, PLATAFORMA LA PELICULA AIE
トロント国際映画祭でもユニークな作品が集まる「ミッドナイトマッドネス部門」で観客賞を受賞するなど注目を集めた映画『THE PLATFORM』が、邦題『プラットフォーム』として2021年1月29日(金)より日本公開決定。併せて、階層に分かれた“穴”のあいた建物を映した予告映像&日本版アートワークが解禁された。

スペインの新鋭、ガルダー・ガステル=ウルティアの長編初監督作品となる今作は、トロント国際映画祭「ミッドナイトマッドネス部門」での観客賞受賞をはじめ、クセの強い作品揃いのシッチェス・カタロニア映画祭でも最優秀作品賞を含む4部門での受賞を成し遂げた怪作。

『プラットフォーム』 (C)BASQUE FILMS, MR MIYAGI FILMS, PLATAFORMA LA PELICULA AIE
予告映像からも読み取れるように、舞台となるのは、永遠にも思えるほどの「縦」の閉鎖空間。そこでのルールは次の3つ。

『プラットフォーム』 (C)BASQUE FILMS, MR MIYAGI FILMS, PLATAFORMA LA PELICULA AIE
【ルール1】 1か月ごとに階層が入れ変わる
【ルール2】 何でも1つだけ建物内に持ち込める
【ルール3】 食事が摂れるのはプラットフォームが自分の階層にある間だけ



階層に分かれた“穴”のあいた建物、各階層には2人だけ…。なぜ、主人公ゴレンは“そこ”にいたのか!? 彼は生きて脱出できるのか!? 極限状態で生活を制限された者たちがとる行動を通して、様々な社会問題を見事に描き出す。

『プラットフォーム』 (C)BASQUE FILMS, MR MIYAGI FILMS, PLATAFORMA LA PELICULA AIE

あらすじ


ある日、ゴレンは目が覚めると「48」階層にいた。部屋の真ん中に穴があき、階層が遥か下の方にまで伸びる塔のような建物の中、上の階層から順に食事が"プラットフォーム"と呼ばれる巨大な台座に乗って運ばれてくる。上からの残飯だが、ここでの食事はそこから摂るしかないのだ。同じ階層にいた、この建物のベテランの老人・トリマカシからここでのルールを聞かされるゴレン…。

1か月後、ゴレンが目を覚ますと、そこは「171」階層で、ベッドに縛り付けられて身動きが取れなくなっていた! 果たして、彼は生きてここから出られるのか!

『プラットフォーム』 (C)BASQUE FILMS, MR MIYAGI FILMS, PLATAFORMA LA PELICULA AIE
『プラットフォーム』は2021年1月29日(金)より新宿バルト9ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top