母になったキーラ・ナイトレイ、男性監督の前でヌードシーンは「NG」

以前はどちらかといえば“脱ぎっぷり”がよい女優であったキーラ・ナイトレイが、母親になってから映画の中で脱ぐことに抵抗を感じるようになったという。

最新ニュース ゴシップ
キーラ・ナイトレイ-(C)Getty Images
  • キーラ・ナイトレイ-(C)Getty Images
  • キーラ・ナイトレイ-(C)Getty Images
  • 大英帝国勲章を受章したキーラ・ナイトレイ-(C)Getty Images
以前はどちらかといえば“脱ぎっぷり”がよい女優であったキーラ・ナイトレイが、母親になってから映画の中で脱ぐことに抵抗を感じるようになったという。「完全に禁止しているというわけではないけれど、男性監督の作品では脱がない」とポッドキャスト「CHANEL Connects」で語っている。

「ちょっと虚しいものだし、男性に凝視されるのも…。身体をベタベタにして唸り声を上げなきゃならないようなひどいセックスシーンには、興味がない」と一蹴した。

2015年5月、2019年9月に、夫ジェームズ・ライトンとの間に2人の娘を出産したキーラは、自身の身体の変化にも触れ、「『この映画にはセックスシーンの必要性がある』という作品もあるけれど、基本的にそういうシーンはセクシーに見える人が求められているから、ほかの人を当たってという感じ」というスタンスらしい。実際に、2019年の『モーガン夫人の秘密』では、ヌードシーンにボディダブルを使っている。

ただ、「『母性』や『自分の身体を受け入れる』ということをテーマとした映画」なら、脱ぐこともいとわないとキーラは匂わせている。もちろんそうした映画は、「絶対に女性がメガホンを取るべき」と主張しており、それが大前提だ。「とにかく、男性の視線を浴びるようなシーンは、本当にもうイヤだ」とヌードシーンを拒否した。
《賀来比呂美》
賀来比呂美

休日は猫とお酒と海外ドラマ♪ 賀来比呂美

大学で映画学を専攻、卒論のテーマに『ガタカ』を取り上げる。卒業後は映画やドラマのロケ地で有名なバンクーバーに留学し、街中に溶け込むベニチオ・デル・トロやアイス・キューブを見かけて大興奮。映画三昧の生活を送る。帰国後、数社を経て雑誌編集者として出版社に勤務。シニアの愛猫と過ごす時間を増やすべく、2016年からフリーランスライターに。執筆ジャンルは映画、音楽、ペットなど。人の話を聞くのが大好きで、俳優、ピアニスト、医師など数百名への取材経験あり。

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top