『紅の豚』ポルコ役の声優・森山周一郎さん逝去…ファンから追悼の声も

スタジオジブリ映画『紅の豚』主人公ポルコ・ロッソ役などで知られる俳優・声優の森山周一郎さんが、2021年2月8日に肺炎のため逝去した。

最新ニュース スクープ
スタジオジブリ映画『紅の豚』主人公ポルコ・ロッソ役などで知られる俳優・声優の森山周一郎さんが、2021年2月8日に肺炎のため逝去した。

森山さんは、1934年に愛知県名古屋市で生を受け、スタジオジブリの映画『紅の豚』主人公ポルコ・ロッソ役やTVドラマ『刑事コジャック』テリー・サバラスの吹き替えをはじめ、『リボンの騎士』『タイガーマスク』『ゲゲゲの鬼太郎(第2作)』『鉄腕アトム(第2作)』『TRICK』など、幅広い作品で活躍を見せた俳優・声優。

2021年2月9日、森山さんの公式Twitterアカウントが更新され「俳優、声優 森山周一郎は肺炎のため2021年2月8日に逝去いたしました。享年86歳でした」と発表。
続けて「芸能生活63年の間、ファン並びに関係者の皆様には多大なるご支援をいただき、まことにありがとうございました。この場を借りて心より御礼申し上げると共に、謹んでお報せいたします」と綴った。


この発表を受け、公式Twitterアカウントには「声に惚れ、笑顔に惚れ…大人の男という存在に夢を見させていただきました。『紅の豚』に命を与えたのは森山さんだと思います。心より、ありがとうございました」「あの渋くて格好いいポルコの声が大好きです」「あのダンディズム溢れた声は永久に忘れません、ご冥福をお祈り致します」「長い間お疲れ様でした。そして素敵な声をありがとうございました。今夜は紅の豚観ます」など、ファンの声が続々と届いている。

「紅の豚」ポルコ役の声優・森山周一郎さん逝去 ファンから追悼の声も「ダンディズム溢れた声は永久に忘れません」

《CHiRO★》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top