神木隆之介&中村倫也ら出演で「100日後に死ぬワニ」アニメ映画化! いきものがかりや亀田誠治も参加

4コマ漫画「100日後に死ぬワニ」がアニメーション映画化決定。神木隆之介、中村倫也、木村昴、新木優子が主要キャラクターに声をあてることも分かった。

映画 邦画ニュース
『100日間生きたワニ』
  • 『100日間生きたワニ』
  • 『100日間生きたワニ』
  • 神木隆之介
  • 『100日間生きたワニ』
  • 中村倫也
  • 『100日間生きたワニ』
  • 木村昴
  • 『100日間生きたワニ』
社会現象を巻き起こした4コマ漫画「100日後に死ぬワニ」が、『100日間生きたワニ』としてアニメーション映画化決定。神木隆之介、中村倫也、木村昴、新木優子が主要キャラクターに声をあてることも分かった。

「100日後に死ぬワニ」は、2019年12月12日から2020年3月20日まで、著者・きくちゆうきのTwitterに100日間毎日投稿された、何気ないワニの日常を綴った4コマ漫画。最終話は、いいねの数が214万という国内Twitterの歴代最多数を記録、エンゲージメントは2億を超え、日本を感動の渦に巻き込んだ。

アニメーション映画『100日間生きたワニ』では、その100日間のワニの日常と、そこから100日後、大切なものを失った仲間たちのその後の姿を描く。


主人公・ワニの声を担当するのは、『サマーウォーズ』『君の名は。』などにも参加した神木さんに決定。そしてワニの親友のネズミを、『アラジン』では吹き替えを担当した中村さん、モグラを「ドラえもん」のジャイアンでお馴染みの木村さん、ワニが恋するセンパイをモデルで女優の新木さん。


映画公開情報解禁記念としてきくちさんが描き下ろしたイラストには、ワニ、ネズミ、モグラが映画撮影を行う姿が描かれている。きくちさんは「原作者として大変嬉しく思っております」と今回の映画化を喜び、「たくさんのスタッフさんやキャストさんが少しずつ決まっていき、知らせを受ける度に『え?え?え!?』と驚きいっぱい喜びいっぱいでした。このコメントを書いている現在も、映画作品がどうなっているのか分かっていない状況ですが、原作を読んだ人も読んでいない人も楽しんでいただけたらと思います」とコメントしている。

きくちゆうき
また、音楽は「東京事変」亀田誠治が、主題歌は原作とのコラボレーションにより生まれた「生きる」を配信リリースした「いきものがかり」が書き下ろし、作品を彩ることも決定。

いきものがかり
なお、監督・脚本は『カメラを止めるな!』の上田慎一郎とふくだみゆき夫妻。スタッフには「宇宙戦艦ヤマト」をはじめ歴史的名作を手掛けてきた日本のレジェンドアニメーター・湖川友謙が、コンテ・アニメーションディレクトとして参加する。

キャストコメント


神木隆之介


この度、ワニ君をやらせていただくことになりました!
元々、原作はSNSで見ていたので、とても嬉しかったですし、中村倫也くんとまたご一緒できるのが楽しみで仕方ありません。
この作品を通して、"今、この瞬間"という大事さを伝えられたらいいなと思っております!!よろしくお願いします!
神木ワニ之介

中村倫也


正直に話しますと、オファーをいただいた時「流行ったからって映画化してぇ~」と勘ぐってしまいました。しかし映画版オリジナルの展開やそこに込めた想い、また改めて原作に触れた時に、これは意義のある作品になると強く感じると同時に、自分の先入観を反省しました。ネズミくんがどんな喋り方になるのか、僕自身楽しみです。

木村昴


今回「100日間生きたワニ」にて、モグラの声を担当いたします木村昴です。もう、本当に夢のようです!この映画への出演が決まったときのことは、今でも100日前のことのようにはっきりと覚えています。大変な人気があり、多くの方に愛された今作に携われることを心から幸せに思います。映画となって生まれ変わった100ワニの世界をご覧くださる皆さまにも楽しんでいただけるよう、僕も100%の力を注いで演じ、お届けしていきたいと思っています!お楽しみ!

新木優子


お話を頂く前から知っていた大好きな作品だったので、声で出演させていただくと聞いた時は本当に嬉しかったです。原作は、ほっこり人間らしい動物たちのおかげでほっとした気持ちになれる作品だなぁと、すっかり夢中になって読んでいたのですが、読み終わった後、当たり前の日常の大切さや周りの人への感謝の気持ちを考えることを教えてもらえたような気持ちになりました。映画を見ていただく方にもそんな温かい世界観が伝わるように精一杯頑張りたいなと思います。

ストーリー


桜が満開の3月、みんなで約束したお花見の場に、ワニの姿はない。親友のネズミが心配してバイクで迎えに行く途中、満開の桜を撮影した写真を仲間たちに送るが、それを受け取ったワニのスマホは、画面が割れた状態で道に転がっていた。

100日前―――
入院中のネズミを見舞い、大好きな一発ギャグで笑わせるワニ。毎年みかんを送ってくれる母親との電話。バイト先のセンパイとの淡い恋。仲間と行くラーメン屋。大好きなゲーム、バスケ、映画…ワニの毎日は平凡でありふれたものだった。

お花見から100日後――
桜の木には緑が茂り、あの時舞い落ちていた花びらは雨に変わっていた。仲間たちはそれぞれワニとの思い出と向き合えず、お互いに連絡を取ることも減っていた。

『100日間生きたワニ』は5月28日(金)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top