ISが恐れた女性だけの特殊部隊描く実話『レッド・スネイク』公開、予告も解禁

ISに恐れられた女性だけの特殊部隊の戦いを、実話を基に描く『Sisters in Arms』(英題)が邦題『レッド・スネイク』として4月9日(金)より待望の日本公開決定。併せて、予告映像ならびに日本版アートワークが解禁された。

映画 洋画ニュース
ISに恐れられた女性だけの特殊部隊の戦いを、実話を基に描く『Sisters in Arms』(英題)が邦題『レッド・スネイク』として4月9日(金)より待望の日本公開決定。併せて、予告映像ならびに日本版アートワークが解禁された。

本作の脚本・監督は、フランス・パリの風刺週刊新聞「シャルリー・エブド」に寄稿していたライターでもあるカロリーヌ・フレスト。2015年1月7日、同紙編集部にイスラム過激派テロリストが襲撃し、風刺漫画家や記者ら合わせて12人を殺害した。フレストは「シャルリー・エブド襲撃事件」で同僚を失った経験から、長編劇映画の初監督作品として女性問題と過激派に関するテーマを選んだ。

『レッド・スネイク』 (C)2019 Place du Marche Productions - Kador - Davis Films - Delice Movie - Eagle Pictures - France 2 Cinema
主演の女性特殊部隊に加わることになるザラには、両親がクルド人であり、父親はクルド人の大義のために戦った著名なジャーナリストでもあるディラン・グウィンを抜擢。

『レッド・スネイク』 (C)2019 Place du Marche Productions - Kador - Davis Films - Delice Movie - Eagle Pictures - France 2 Cinema
さらに、『君の名前で僕を呼んで』でティモシー・シャラメ演じるエリオの母を演じていたイギリス出身のアミラ・カサールがチーフ役で存在感を発揮、イタリア出身のマヤ・サンサ、ポップシンガーとしても活躍するアルジェリア系フランス人のカメリア・ジョルダナ、『君の名前で僕を呼んで』でエリオに思いを寄せるマルシア役が記憶に新しいエステール・ガレルなど各国の名だたる女優たちを起用。

『レッド・スネイク』 (C)2019 Place du Marche Productions - Kador - Davis Films - Delice Movie - Eagle Pictures - France 2 Cinema
予告映像では、特殊部隊「蛇の旅団」の壮絶なまでの戦いぶりが映し出され、「女性が立ち上がると 歴史から消される 社会からも消される 家に帰され 奴隷になる」という印象的なセリフで締めくくられている。その後に続く言葉にも注目だ。



あらすじ


『レッド・スネイク』 (C)2019 Place du Marche Productions - Kador - Davis Films - Delice Movie - Eagle Pictures - France 2 Cinema
ISがイラク西部の少数派ヤジディ教徒の村を襲った。ザラは父親を殺され、弟と生き別れ、自身は奴隷としてISのメンバーに売られてしまう。クルド人を支援している連合軍には、様々な国の女性だけで構成される特殊部隊「蛇の旅団」があった。ISでは“女性に殺されると天国に行けない”と信じているため、女性だけの部隊は恐れられていたのだ。

『レッド・スネイク』 (C)2019 Place du Marche Productions - Kador - Davis Films - Delice Movie - Eagle Pictures - France 2 Cinema
ISのメンバーの元から逃げ出し、「蛇の旅団」に救われたザラは武器を取ることを選び、部隊に加わり兵士になるための厳しい訓練を受ける。訓練を終え、コードネームを「レッド・スネイク」としたザラは“姉妹たち”と共に前線へと赴く――。

『レッド・スネイク』は4月9日(金)より新宿バルト9ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top