岡田健史が再び刑事役、今度はダークホースに!?「桜の塔」

岡田健史が、玉木宏主演のテレビ朝日新木曜ドラマ「桜の塔」に出演することが決定。「最終話まで、全力を尽くします!」という意気込みのコメントも到着した。

最新ニュース スクープ
岡田健史が、玉木宏主演のテレビ朝日新木曜ドラマ「桜の塔」に出演することが決定。「最終話まで、全力を尽くします!」という意気込みのコメントも到着した。

警視庁を舞台に、その頂点=警視総監の座を巡って激しい出世バトルを描いていく本作。「中学聖日記」で鮮烈な俳優デビューを飾り、今後の活躍が期待される若手俳優の岡田さんが今回演じるのは、物語においてやがてダークホースともいうべき存在となっていく捜査一課の若手刑事・富樫遊馬。

『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』、「MIU404」に続く3度目の刑事役となった今回は、キャリア組にもかかわらず、自ら志願して捜査一課刑事となり、上司の水樹爽(広末涼子)に恋心を抱く一方、その熱意と有能ぶりを漣(玉木さん)に認められ、まるで興味のなかった組織内の権力闘争に思いがけず巻き込まれていく人物を演じる。

刑事役が続く岡田さんは「オファーをいただいた瞬間、『昨年出演させていただいた「MIU404」での刑事役を僕自身も世間も引きずってしまうんだろうなぁ…。そういう状況に対し、僕はどうすればいいのかなぁ』と思い、今回は『どう差別化して演じるか』が課題だと感じました。刑事役も今回で3回目ということもあり、逆にまったく新しい役に挑むよりも難しいと思っています」と身を引き締め、「今回はベテランの大先輩方に囲まれてお芝居をする環境。僕自身の思わぬ引き出しを開けてくださるんじゃないかと楽しみにしています。錚々たる方々と共演させていただけることを本当に光栄に思っています」と大きな期待を寄せる。

岡田健史『望み』/photo:Jumpei Yamada
そして「ふたを開けてみないと、僕自身もどうなるか分からない。だからこそ本当に楽しみです。最終話まで、全力を尽くします! その結果をぜひご覧ください。どんな評価も受け入れる覚悟です」とコメントしている。

木曜ドラマ「桜の塔」は4月、毎週木曜日21時~テレビ朝日にて放送予定。
《cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top