向井理&夏川結衣、川口春奈主演「着飾る恋には理由があって」に出演

川口春奈が“着飾る女”を演じるTBS新火曜ドラマ「着飾る恋には理由があって」。この度、本作に向井理と夏川結衣が出演することが明らかになった。

最新ニュース スクープ
「着飾る恋には理由があって」(C)TBS
  • 「着飾る恋には理由があって」(C)TBS
  • 「着飾る恋には理由があって」(C)TBS
  • 「着飾る恋には理由があって」(C)TBS
川口春奈が“着飾る女”を演じるTBS新火曜ドラマ「着飾る恋には理由があって」。この度、本作に向井理と夏川結衣が出演することが明らかになった。

本作は、価値観の違う人々がひとつ屋根の下で様々な恋を繰り広げる、うちキュンラブストーリー。川口さんをはじめ、横浜流星、丸山隆平、中村アンといったルームシェアメンバーを演じるキャストがすでに発表されていた。

そして今回新たに出演が発表された向井さんが演じるのは、真柴くるみ(川口さん)が広報として働くインターネット通信販売で若者から支持を集めるインテリアメーカー「el Arco Iris」(エル・アルコ・イリス)の社長・葉山祥吾。やり手の若手社長としてメディア露出もあり、一見完ぺきな人物だが、どこか抜けているキャラクター。また、真柴に絶大な信頼を寄せており、そんな祥吾に真柴は密かに想いを寄せている。

「着飾る恋には理由があって」(C)TBS
「僕が演じる祥吾という役にはある伏線があるのですが、今回オリジナル脚本ということもあり、今後の展開が読めないので、台本を読むのが楽しいです」と気になるコメントを寄せた向井さんは、「オリジナル作品ならではの先の見えない面白さがあり、時代に即した内容ですので、幅広い層の皆様にご覧いただきたいです」とメッセージを寄せている。

また、真柴がアルバイトをしていた頃に仲良くなった常連さんで、唯一の女友達である人気フードスタイリストの早乙女香子を夏川さんが演じることも決定。真柴は、香子の計らいでルームシェアをすることに。彼女に大きな影響を与える自由奔放で頼もしい姉御というキャラクターだ。

「着飾る恋には理由があって」(C)TBS
夏川さんは「価値観の異なる人たちが住むシェアハウスの中では想像がつかないことが多発しますが、共感できることが多く、クスッと笑えたり、羨ましく思ったり、長い自粛生活を過ごす私たちにとって考えさせられることが多いドラマです」と物語の印象を明かし、「今まで当たり前だと思っていたことが、どれだけうれしいことなのか。見終わった時、大変な日常を過ごすみなさんの気持ちをふと楽にしてくれると思います。是非、ゆったりとした気持ちでご覧ください」と呼びかけている。

「着飾る恋には理由があって」は4月、毎週火曜日22時~TBSにて放送予定。
《cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top