『007 死ぬのは奴らだ』の悪役Mr.ビッグを演じたヤフェット・コットーが死去 81歳

ロジャー・ムーア主演作『007 死ぬのは奴らだ』のドクター・カナンガ/ミスター・ビッグ役、『エイリアン』のデニス・パーカー役などで知られるヤフェット・コットーが81歳で亡くなった。

最新ニュース ゴシップ
ヤフェット・コットー Photo by Albert L. Ortega/Getty Images
  • ヤフェット・コットー Photo by Albert L. Ortega/Getty Images
  • 『007 死ぬのは奴らだ』Photo by Sunset Boulevard/Corbis via Getty Images
ロジャー・ムーア主演作『007 死ぬのは奴らだ』のドクター・カナンガ/ミスター・ビッグ役、『エイリアン』のデニス・パーカー役などで知られるヤフェット・コットーが81歳で亡くなった。妻のテシー夫人がヤフェットのFacebookで報告した。

「あなたはこれからいくつかのインタビューを受ける予定だったし、『G.I.ジョー』の映画や、トム・クルーズやそのほかの映画への出演オファーももらっていたのに。本も出す予定だったし、ヨガナンダの教えに基づく宗教団体も設立予定だったじゃない」と残念そうにつづった。

「映画ではよく悪役を演じたけれど、私や多くの人にとって、あなたは本物のヒーローだった。良い人間、良い父親、良い夫で、きちんとした人間だった。そんな人はめったにいない。ハリウッドの伝説的で最高の俳優の一人」とヤフェットに賛辞を贈った。


ジェームズ・ボンドの公式ツイッターアカウントは「私たちは彼の家族と友人の心に寄り添います」とメッセージを送り、追悼。ファンも「ロジャー・ムーアのもとに旅立ったね。あっちでも闘うのかな」「ボンド作品で最高の敵役の一人」などと偲んでいる。

ヤフェットはテレビ界でも活躍。特に長年レギュラー出演した「ホミサイド/殺人捜査課」で人気を獲得した。
《賀来比呂美》
賀来比呂美

休日は猫とお酒と海外ドラマ♪ 賀来比呂美

大学で映画学を専攻、卒論のテーマに『ガタカ』を取り上げる。卒業後は映画やドラマのロケ地で有名なバンクーバーに留学し、街中に溶け込むベニチオ・デル・トロやアイス・キューブを見かけて大興奮。映画三昧の生活を送る。帰国後、数社を経て雑誌編集者として出版社に勤務。シニアの愛猫と過ごす時間を増やすべく、2016年からフリーランスライターに。執筆ジャンルは映画、音楽、ペットなど。人の話を聞くのが大好きで、俳優、ピアニスト、医師など数百名への取材経験あり。

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top