のんが監督&主演務める美大生の再生物語『Ribbon』場面写真

コロナ禍の2020年を舞台に描く青春物語『Ribbon』より、本作で脚本・監督・主演を務めるのんの場面写真が公開された。

映画 邦画ニュース
映画「Ribbon」場面写真(C)「Ribbon」フィルムパートナーズ
  • 映画「Ribbon」場面写真(C)「Ribbon」フィルムパートナーズ
  • 映画「Ribbon」場面写真(C)「Ribbon」フィルムパートナーズ
  • 映画「Ribbon」現場写真(C)「Ribbon」フィルムパートナーズ
コロナ禍の2020年を舞台に描く青春物語『Ribbon』より、本作で脚本・監督・主演を務めるのんの場面写真が公開された。

コロナ禍の2020年。いつかが通う美術大学でも卒業制作展が中止となった。作品を持ち帰ることになったいつかは、色々な感情が渦巻いて、何も手につかない。心配してくれる父・母とも、衝突してしまう。妹のまいもコロナに過剰反応。普段は冷静な親友の平井もイライラを募らせている。

こんなことではいけない。絵を描くことに夢中になったきっかけをくれた田中との再会、平井との本音の衝突により、心が動く。未来をこじ開けられるのは、自分しかいない。誰もが苦しんだ2020年。心に光が差す青春ストーリー。

映画「Ribbon」場面写真(C)「Ribbon」フィルムパートナーズ
YouTube Original「おちをつけなんせ」に続き、2作目となるのんさんの監督作となる今作は、多くの卒業式がなくなり、青春を奪われていく学生たちの悲しみを目の当たりにしたのんさんが、世の中の擦りきれた思いを少しでもすくい上げたい、と企画。

表現の術を奪われ、自分のやるべきことを見つけだせずに葛藤する美大生いつかを演じ、鬱屈とした現状を痛快に打破していく再生物語となっている。

映画「Ribbon」現場写真(C)「Ribbon」フィルムパートナーズ
本作では、のんさん発案の“リボンアートによる感情表現”が施され、主人公の様々な感情の流れを、カラフルなリボンで表現している。そんなリボンの動きを、『シン・ゴジラ』監督・特技監督の樋口真嗣、准監督・特技統括の尾上克郎の豪華タッグで実現した。

のんさんは「緊急事態宣言による自粛期間を過ごしながら、音楽や映画や舞台などのエンタメや芸術の優先順位が下がっていくのをひしひしと感じていました。その中で改めて気付けたことは、自分は見てきたエンタメや音楽やアートによって支えられているということです。どんどんその思いが強くなって、いてもたってもいられず脚本を書き始めました」と今回の企画始動のきっかけを明かし、「コロナ禍で擦り切れた思いを、少しでもすくい上げるような映画になったら…。心を込めて作った映画です。みなさま、ぜひお楽しみにしていただけたら嬉しいです」とコメントしている。

また今回、樋口監督による映画応援スペシャル映像「映画と生きる 映画に生きる」風篇、炎篇、雨篇がのん公式YouTubeほかにて公開されている。


『Ribbon』は2021年公開予定。
《cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top