佐藤健、最後の『るろうに剣心』に感慨「人生がまるっきり変わった、間違いなく代表作」

映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』の完成を記念して、「るろうに剣心 GLOBAL FAN SESSION」イベントが3月24日(水)、都内にて行われ、主演の佐藤健ほか豪華共演陣が登場した。

最新ニュース レポート
佐藤健『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』イベント
  • 佐藤健『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』イベント
  • 佐藤健&有村架純『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』イベント
  • 有村架純&高橋一生『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』イベント
  • 武井咲『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』イベント
  • 青木崇高『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』イベント
  • 青木崇高『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』イベント
  • 『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』イベント
  • 新田真剣佑『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』イベント
映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』の完成を記念して、「るろうに剣心 GLOBAL FAN SESSION」イベントが3月24日(水)、都内にて行われ、主演の佐藤健ほか豪華共演陣が登場した。

本シリーズにおいて、10年という長い月日の間、主役の剣心を演じた佐藤さん。出演したことで、佐藤さんは「(人生が)まるっきり変わったと思う。当時22歳で抜擢だったと思うんです。これだけ大きなバジェットの主演を僕でやるのは、ギャンブルというか。チャンスを与えて下った作品であり、それ以降のオファーも変わってきた。きっかけを与えてくれた非常に大切なターニングポイント」と、自身の役者人生にとって揺るぎない作品であったと心を込めていた。


『るろうに剣心』は、和月伸宏による大ヒットコミック「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」の実写化シリーズ。2012年8月に公開された1作目『るろうに剣心』に始まり、『るろうに剣心 京都大火編』、『るろうに剣心 伝説の最期編』(ともに2014年)とこれまで3作が公開され、累計観客動員数は980万人を突破しており世界を熱狂させた。

新たに製作された『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』では、かつては「人斬り抜刀斎」として恐れられたが、今は斬れない逆刃刀を持つ緋村剣心(佐藤さん)の、「終わりと始まり」という唯一無二の対比である2部が描かれる。動乱の幕末期と明治維新後の新時代のふたつの時代を通して描かれる、史上最高のクライマックスが始まる。


シリーズ最高ともいえるオールスターキャストが集った本作、『The Final』にて剣心にとって最大の敵・雪代縁を演じたのは新田真剣佑。現場に入ったときのことを聞かれ、新田さんは「1作目の公開が14歳のときで、いざ現場に入って剣心のファンなので“うわ!本物の剣心だ!”って」と声を弾ませたが、「けど、(戦うと)思ってすぐ切り替えました」と役者としての真剣な表情を見せる。

初のシリーズ参加にして、息を飲むような激しいアクションシーンを披露した新田さん。「これほど自分の能力を生かせるアクションができる現場に携わるのは、役者としてうれしいことです。監督にお会いしたのが作品の2年前、“ここで見せるまでどこにも(アクションを)見せないで”と言われ、“わかりました、どこでもやりません”」とアクションに至るエピソードを明かし、「今回、僕ができることをすべてやった作品です」と思いを紡ぐ。


佐藤さんも、新田さんのアクションについて絶賛し、「素晴らしかったです。現場での向き合い方も、ストイックだけどちょっと度が違って、どストイック。体の作り方とかも本番が始まる10秒前までずっと筋トレしてた。心強かった」とエールを送った。

今回の2作品の公開順について、先に『The Final』、続いて『The Beginning』となる。シリーズとずっと向き合っている大友啓史監督は、「『The Beginning』で終わるのは痺れるよねって。すごくキレイなシリーズかなと作りながら思っていました。物語が始まるところで終わる」と、しみじみと話す。


改めて10年を振り返り、佐藤さんは、「22歳のときにこの役と作品と出会わなかったら、今の僕はいませんし、大友組で思いっきりやらせてもらった。見る人も、僕も、それ以降、僕を通して剣心を見ていたり、僕も背負ってほかの仕事もしてきたんだと思うんです。間違いなく代表作だし、今回最後で、ひとつ肩の荷がおりた気持ちもありますし、寂しい気持ちもあります」と胸の内を吐露。「この先の自分の仕事の仕方は、今までと全然違ったものじゃないといけないんだろうなって。この役以上、この作品以上のものをこの先作ってやっていかなきゃいけない。もちろん目指していくつもりだし、そんな簡単なことじゃないだろうなと思っています。出会えて光栄でありながら複雑な作品」と、『るろうに剣心』シリーズへのありったけの愛を込めていた。


そのほか、同イベントには、武井咲、青木崇高、土屋太鳳、有村架純、高橋一生、江口洋介が登壇した。

映画『るろうに剣心 最終章 The Final』は4月23日(金)より、『The Beginning』は6月4日(金)より2作連続で全国にて公開。
《cinamacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top