『アナ雪』キャラクターデザイナーが手掛ける歌姫・ベルがお披露目 歌声や竜の姿も『竜とそばかすの姫』予告公開

この夏公開予定の細田守監督の最新作『竜とそばかすの姫』より予告編が公開された。

映画 邦画ニュース
キャラクターデザインボード『竜とそばかすの姫』(C)2021 スタジオ地図
  • キャラクターデザインボード『竜とそばかすの姫』(C)2021 スタジオ地図
  • キャラクターデザインボード『竜とそばかすの姫』(C)2021 スタジオ地図
  • キャラクターデザインボード『竜とそばかすの姫』(C)2021 スタジオ地図
  • 『竜とそばかすの姫』(C)2021 スタジオ地図 
この夏公開予定の細田守監督の最新作『竜とそばかすの姫』より予告編が公開された。

>>『竜とそばかすの姫』あらすじ&キャストはこちらから

インターネットの世界を舞台に、『時をかける少女』以来となる10代の女子高生を主人公に迎え、世界の片隅で自分を失ってしまった少女が開く新しい扉、未知との遭遇、そして成長していく姿を描き出していく本作。

今回の予告編では、主人公・すずの超巨大インターネット仮想世界<U>でのキャラクター、歌姫「ベル」が登場。高知の田園風景や校舎という日常から、<U>へと新たな世界の扉を開いていくすず(ベル)の目の前に、謎の存在・竜が姿を現す場面も。

そして、ベルの透明感と力強さを備えた歌声が聞ける楽曲も初公開。母親の死以来、心に深い傷を負い、歌うことができずにいたすずが、ベルとして自分を解放し、心に秘めてきた想いを歌ったこの歌は、劇中でベルが歌う重要な楽曲のひとつだ。


さらに今回、本作を手掛けるクリエイターも発表。ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオで『アナと雪の女王』『塔の上のラプンツェル』『ベイマックス』など数多くのキャラクターデザインを手掛けるジン・キムが、歌姫ベルのキャラクターデザインを。先日公開された世界50億人以上が集う<U>のコンセプトアートを、ロンドン在住の新進気鋭のイギリス人建築家/デザイナー、エリック・ウォンが担当。加えて、『ウルフウォーカー』『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』などを手掛けたアイルランドのアニメーションスタジオ「カートゥーン・サルーン」のトム・ムーア、ロス・スチュアート監督を始めとするスタッフたちが今作に参加していることも分かった。

キャラクターデザインボード『竜とそばかすの姫』(C)2021 スタジオ地図
『竜とそばかすの姫』は7月、全国東宝系にて公開予定。
《cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top