ジャッキー・チェン、歴代アクションシーン公開! 『プロジェクトA』『ポリス・ストーリー』…懐かしの作品集結

ジャッキー・チェンの過去作品より厳選した、超高速レジェンドアクション映像が到着した。

韓流・華流 スクープ
『プロジェクトV』(C)2020 SHANGHAI LIX ENTERTAINMENT CO.LTD ALLRIGHTS RESRVED
  • 『プロジェクトV』(C)2020 SHANGHAI LIX ENTERTAINMENT CO.LTD ALLRIGHTS RESRVED
  • 『プロジェクトV』(C)2020 SHANGHAI LIX ENTERTAINMENT CO.LTD ALLRIGHTS RESRVED
  • 『プロジェクトV』(C)2020 SHANGHAI LIX ENTERTAINMENT CO.LTD ALLRIGHTS RESRVED
世界各国を舞台に危機に立ち向かう国際保安警備会社“ヴァンガード”を描く、ジャッキー・チェン主演のアクション超大作『プロジェクトV』(原題:急先鋒/英題:Vanguard)の公開に先立ち、この度、ジャッキー・チェンの過去作品より厳選した、超高速レジェンドアクション映像が到着した。

>>『プロジェクトV』あらすじ&キャストはこちらから

今回の映像は、ジャッキー・チェン中期の作品からシーンを厳選。沿岸警備隊、香港警察、弁護士役に探検家…と、様々な役を演じるジャッキー・チェンが登場し、「行くぞ」の一声とともに、怒涛のアクションが展開! 『プロジェクトA』(’84)より高速ラッシュや、ユン・ピョウと共闘するシーンから見られる数々のキックアクション、『ポリス・ストーリー/香港国際警察』(’85)よりデパートでの乱闘も。

また、周囲にある身近な物や建造物を使用したアクションは、彼の代名詞。椅子で敵の態勢を崩したり、公園の遊具を使って敵の攻撃を防いだり、人の肘を使って相手に攻撃したり…。さらに映画の中には、コミカルなシーンも散りばめられている。ジャッキー・チェン自身、サイレント映画から大きく影響を受けており、セリフがなくとも誰もが笑えるものが多い。

そして、自ら体を張ったダイナミックなスタントも醍醐味。『プロジェクトA』の時計塔からの落下シーンの撮影では、垂直落下により首に重傷を負うも、病院から戻るやもう2回、同じスタントを撮り直しているとか。ほかにも、『五福星』(’84)のローラースケートで車との並走シーン、『ポリス・ストーリー/香港国際警察』の傘で犯人が逃走するバスにしがみつくシーン、『ポリス・ストーリー3』(’92)でみせるヘリコプターから伸びるはしごにしがみつく場面といった、超危険なスタントの数々も。

肉体を駆使したアクションだけでなく、カーアクションも度々観られ、一つの村を全壊してしまうカーチェイスや、車で橋を飛び越えてトラックに突っ込むことも。最新作『プロジェクトV』でも車を使った豪快なアクションシーンは多く、崖を飛び越え、金色の高級車群がドバイの町を駆け巡るシーンも登場する。


なお、4月22日(木)から5月19日(水)まで、代官山蔦屋書店にてジャッキー・チェンの魅力を世代を超えて味わうことが出来る「私たちの大好きなジャッキー・チェン」の開催も決定。映画ソフト、書籍、ポートレートなどのグッズ販売会に加え、サイン色紙や貴重な写真をポスターサイズで展示する。

『プロジェクトV』は5月7日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国にて公開。
《cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top