Netflixの実写映画版『機動戦士ガンダム』、監督と脚本家が決定

Netflixとレジェンダリー・ピクチャーズが実写映画化する『機動戦士ガンダム』について、新情報が明らかになった。

最新ニュース ゴシップ
機動戦士ガンダム (C) Getty Images
  • 機動戦士ガンダム (C) Getty Images
  • (C) 創通・サンライズ
  • 機動戦士ガンダム (C) Getty Images
Netflixとレジェンダリー・ピクチャーズが実写映画化する『機動戦士ガンダム』について、新情報が明らかになった。実写化については、2018年7月に開催された「アニメ・エキスポ」で、レジェンダリー・ピクチャーズが「機動戦士ガンダム」の製作会社サンライズと共同製作することを発表。今回は、新たに監督、脚本家が決定したことをNetflixが発表した。『キングコング:髑髏島の巨神』のジョーダン・ヴォート=ロバーツ監督がメガホンを取り、製作も務めるという。

「LOST」「ランナウェイズ」の脚本や、マーベル・コミック、DCコミックスなどのコミックに関わってきたコミック作家・脚本家・プロデューサーのブライアン・K・ヴォーンが脚本と製作総指揮を担当する。

実写映画化発表から2年半以上が経過しているが、着実に製作に向けて進んでいるようだ。

海外ファンのツイッターでの反応は、実写版で演じてほしいキャストのリクエストをしたり、「エヴァンゲリオン」シリーズの庵野秀明監督の名前を挙げて「彼の作品と同じくらい質の高いものを作って!」とハードルの高い要求をしたりと様々。「このアニメについてはよく知らないけれど、『ドラゴンボール』を思い出す。いい作品ができますように」と日本アニメの実写化に不安視する声もあった。
《Hiromi Kaku》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top