EUフィルムデーズ2021、リアルとオンラインの同時開催決定

「EUフィルムデーズ2021」が5月28日(金)より東京とオンライン会場で、6月17日(木)からは京都にて開催されることが決定。ラインアップも公開された。

最新ニュース スクープ
オーストリア 『オーストリアからオーストラリアへ ふたりの自転車大冒険』  (C) Aichholzer Film / Dominik Bochis / Andreas Buciuman
  • オーストリア 『オーストリアからオーストラリアへ ふたりの自転車大冒険』  (C) Aichholzer Film / Dominik Bochis / Andreas Buciuman
  • 『彼女たちの物語』
  • アイルランド 『ウルフウォーカー』(C) WolfWalkers 2020
  • イタリア 『ナポリの隣人』(C) 2016 Pepito Produzioni
  • 『ユニコーンを追え』
  • 『ファイト・ガール』
  • 『スマグリング・ヘンドリクス』
  • 『フローズン・アンブロシア』
「EUフィルムデーズ2021」が5月28日(金)より東京とオンライン会場で、6月17日(木)からは京都にて開催されることが決定。ラインアップも公開された。

「EUフィルムデーズ」は、“映画で旅するヨーロッパ”をテーマに、日本初公開作品や見逃してしまった近作など、EU加盟国の映画を一挙に上映する映画祭。19回目となる今年は、東京・国立映画アーカイブ、京都・京都文化博物館での開催と共に、オンラインでも開催。EU加盟国より最多の26か国が参加し、日本初公開の11作品を含む、選りすぐりの全27プログラムを上映、および一部オンライン配信する。


注目の日本初公開作品は、19か国を自転車で旅する発見と挑戦に満ちたドキュメンタリー『オーストリアからオーストラリアへ ふたりの自転車大冒険』。1950年代から現在までルクセンブルクの女性運動の歴史を記録し、女性をめぐる環境の何が変わり、何が変わらないかを浮き彫りにする『彼女たちの物語』。

オーストリア 『オーストリアからオーストラリアへ ふたりの自転車大冒険』  (C) Aichholzer Film / Dominik Bochis / Andreas Buciuman『オーストリアからオーストラリアへ ふたりの自転車大冒険』
18歳の少年が、自身の性的アイデンティティを明かせず苦悩する、スロヴェニア初のLGBT作品とされる『ことの成り行き』。ルイス・ブニュエル監督が収入を失い路頭に迷ったとき、友人の宝くじが当たった賞金で糧なき土地を撮影したことをアニメーションで描いた『ブニュエルと亀甲のラビリンス』など。

『ブニュエルと亀甲のラビリンス』
ほかにも、アニメーション映画『ウルフウォーカー』や、『イーダ』のパヴェウ・パヴリコフスキ監督による『COLD WAR あの歌、2つの心』。『ナポリの隣人』、『この世界に残されて』、『ザ・ライフルマン』ほか、様々な作品がラインアップされている。

『COLD WAR あの歌、2つの心』
「EUフィルムデーズ2021」は5月28日(金)~6月20日(日)国立映画アーカイブにて、6月17日(木)~7月4日(日)京都文化博物館にて、5月28日(金)~6月25日(金)オンラインにて開催。
《cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top