アンソニー・ホプキンスのアパートに注目『ファーザー』本編映像

アンソニー・ホプキンス主演『ファーザー』より、本作で重要な“アンソニーのアパート”で繰り広げられる本編映像と場面写真が到着した。

映画 洋画ニュース
『ファーザー』(C) NEW ZEALAND TRUST CORPORATION AS TRUSTEE FOR ELAROF CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION TRADEMARK FATHER LIMITED F COMME FILM CINE-@ ORANGE STUDIO 2020
  • 『ファーザー』(C) NEW ZEALAND TRUST CORPORATION AS TRUSTEE FOR ELAROF CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION TRADEMARK FATHER LIMITED F COMME FILM CINE-@ ORANGE STUDIO 2020
  • 『ファーザー』(C) NEW ZEALAND TRUST CORPORATION AS TRUSTEE FOR ELAROF CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION TRADEMARK FATHER LIMITED F COMME FILM CINE-@ ORANGE STUDIO 2020
  • 『ファーザー』(C) NEW ZEALAND TRUST CORPORATION AS TRUSTEE FOR ELAROF CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION TRADEMARK FATHER LIMITED F COMME FILM CINE-@ ORANGE STUDIO 2020
  • 『ファーザー』(C) NEW ZEALAND TRUST CORPORATION AS TRUSTEE FOR ELAROF CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION TRADEMARK FATHER LIMITED F COMME FILM CINE-@ ORANGE STUDIO 2020
  • 『ファーザー』(C) NEW ZEALAND TRUST CORPORATION AS TRUSTEE FOR ELAROF CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION TRADEMARK FATHER LIMITED F COMME FILM CINE-@ ORANGE STUDIO 2020
  • 『ファーザー』(C) NEW ZEALAND TRUST CORPORATION AS TRUSTEE FOR ELAROF CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION TRADEMARK FATHER LIMITED F COMME FILM CINE-@ ORANGE STUDIO 2020
第93回アカデミー賞のノミネーションにてアンソニー・ホプキンス主演男優賞“史上最高齢”ノミネートを含む6部門でのノミネートを果たした映画『ファーザー』より、本作で重要な“アンソニーのアパート”で繰り広げられる本編映像と場面写真が到着した。

>>『ファーザー』あらすじ&キャストはこちらから

世界30か国以上で上演された傑作舞台の映画化となる本作は、人生の夕暮れと揺れる親子の絆を見つめた感動の物語。

本作のもう1人の重要な登場人物といっても過言ではない“アンソニーのアパート”は、見るもの全てをかつてない映画体験に誘うことに貢献している。今回公開された本編映像は、そのアパートに娘アンが着くシーンから始まる。

『ファーザー』(C) NEW ZEALAND TRUST CORPORATION AS TRUSTEE FOR ELAROF CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION TRADEMARK FATHER LIMITED F COMME FILM CINE-@ ORANGE STUDIO 2020
父の介護人アンジェラから、暴言を吐かれたからやめたいという連絡が入り、父の元へとかけつけたアン。アンソニーは「あんな女、何も頼んじゃいない」と突っ放し、「あの女は狂っている」「おそらく盗っ人だ」とまさかの言葉を言い放つ。これに「なくしたのかも」「場所は?」とアンが問うが、「覚えとらん、だがどこにもない、それが盗んだ証拠だ」とアンソニーは決めつけてしまうのだ。


撮影は一か所のアパートで進み、登場人物のように変化するアンソニーのアパート。このことが、時には居心地がよく快適で、時には冷たく見慣れない場所に変化し、観客に混乱を呼ぶ。

『ファーザー』(C) NEW ZEALAND TRUST CORPORATION AS TRUSTEE FOR ELAROF CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION TRADEMARK FATHER LIMITED F COMME FILM CINE-@ ORANGE STUDIO 2020
美術を手掛けたのは、『タイタニック』『ハリー・ポッター』シリーズなど数々の名作に携わり、アカデミー賞美術賞にノミネート中のピーター・フランシス。「目の前に大きなニンジンがぶら下がっているみたいでとても面白いことに挑戦できる機会だと嬉しく思った」とふり返り、同じ場所で全てが一緒の中、異なる雰囲気を目指し、色と家具だけを変え作り出すのは難易度が高かったが、家具屋で監督の好みを知ったことで、撮影セットを視覚化するのに役立ったという。

『ファーザー』(C) NEW ZEALAND TRUST CORPORATION AS TRUSTEE FOR ELAROF CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION TRADEMARK FATHER LIMITED F COMME FILM CINE-@ ORANGE STUDIO 2020
『ファーザー』は5月14日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国にて公開。
《cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top