ディーン・フジオカ、ゼロからスタートする初写真集発売!心も体もさらけ出す

アジア各地でキャリアを積み上げ、東京に拠点を移して約6年。日本のエンタメ界で唯一無二の存在感を放つアーティスト・DEAN FUJIOKA。彼にとって初めてとなるオフィシャル写真集「Z-Ero(ゼロ)」が6月30日に発売されることになった。

最新ニュース スクープ
「Z-Ero」著者/DEAN FUJIOKA
  • 「Z-Ero」著者/DEAN FUJIOKA
  • 「Z-Ero」著者/DEAN FUJIOKA
  • ディーン・フジオカ
アジア各地でキャリアを積み上げ、東京に拠点を移して約6年。日本のエンタメ界で唯一無二の存在感を放つアーティスト・DEAN FUJIOKA。彼にとって初めてとなるオフィシャル写真集「Z-Ero(ゼロ)」が6月30日に発売されることになった。

40歳、ゼロからスタートする決意。タイトルに秘めた想い


作品へのオファーが途切れることのない役者としての高い評価や、甘いマスク、爽やかで真摯なキャラクターで愛されているDEANさん。

全力で駆け抜けてきた30代を経て、40代に突入した彼は「これからやらねばならないことは、考えだしたらキリがない」とその疾走と進化を止めない。このタイミングでリリースする1st写真集のタイトルには、「ZERO(ゼロ)からスタートする気持ちで臨む」という想いが込められた。

故郷・福島でのオールロケで撮影された迫力のある写真には、心も体もさらけ出し、大地に挑み、空に吠える、強くて美しい彼の姿が焼きつけられている。

「Z-Ero」著者/DEAN FUJIOKA

「この写真はドキュメンタリーだ」1冊のなかに、今の“DEAN FUJIOKA”が溢れる


映画、ドラマ、音楽、絵本制作、アジアの子どもたちへの支援プロジェクトなど多岐にわたるフィールドを往来しながら目覚ましい活躍をみせる一方で、40歳を迎えた2020年夏、彼自身のクリエイティビティをよりダイレクトに発揮するため、新たなる挑戦に臨んだ。

彼自身が企画し、指揮を執るアクション映画プロジェクト『Pure Japanese』(2022年公開予定)のために、ストイックに体を鍛え上げ、思い描く作品の実現に注力した日々。その過酷かつ過密なスケジュールの終盤に、最強チームを組んで臨んだトレーニングによって変貌し、究極の体となっている“今”を写真に残そうというアイデアが生まれ、今回の写真集「Z-Ero」の撮影へと繋がっていったという。

心身ともに研ぎ澄まされた状態のまま、敢行された撮影は、未だかつてないDEAN FUJIOKAを切り取った貴重な“記録写真”を生み出す。まさに、ドキュメンタリー映画のごとく、誰かを演じることなく“彼そのもの”でカメラに対峙したドキュメンタリー作品ともいえる。写真集のラストには、彼自身の言葉で“心の内側”を語ったインタビューも収録した。

「Z-Ero」著者/DEAN FUJIOKA

撮影者はRK。独特の世界観を持つ男と男の奇跡のコラボレーション


Instagramで60万を越えるフォロワーを持つ写真家RKは、DEANさんの映画プロジェクトにも携わった一人。幻想的な風景を探し出して切り取り、光と影、色彩を操ったドラマティックな作風で、世界中にファンを持つ。今回の写真集では福島県の名所、磐梯吾妻スカイライン周辺をロケ場所に選び、その雄大な背景とDEANさんを巧みに融合させ、彼の存在感を際立たせている。

「Z-Ero」は6月30日(水)より発売。
著者/DEAN FUJIOKA
価格/本体3,000円+
《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top