『竜とそばかすの姫』歌姫×竜、“星空の下”で見つめ合う新ビジュアル完成

細田守監督が、再びインターネット世界を舞台に、『時をかける少女』以来となる10代の女子高校生をヒロインにしたアニメーション映画『竜とそばかすの姫』の新ビジュアルが完成した。

映画 邦画ニュース
新ビジュアル『竜とそばかすの姫』(C)2021 スタジオ地図
  • 新ビジュアル『竜とそばかすの姫』(C)2021 スタジオ地図
  • 秋屋蜻一による竜のキャラクターデザイン『竜とそばかすの姫』(C)2021 スタジオ地図
  • 『竜とそばかすの姫』(C)2021 スタジオ地図 
  • 『竜とそばかすの姫』(C)2021 スタジオ地図
  • 『竜とそばかすの姫』(C)2021 スタジオ地図
細田守監督が再びインターネット世界を舞台に、『時をかける少女』以来となる10代の女子高校生をヒロインにしたアニメーション映画『竜とそばかすの姫』の新ビジュアルが完成した。

>>『竜とそばかすの姫』あらすじ&キャストはこちらから

成田凌、染谷将太、玉城ティナ、森川智之、津田健次郎、宮野真守ら魅力的なキャストたちが発表されている本作。未だ発表されていない主人公・すずとベル、そして竜の声優キャストに注目が集まる中、今回公開されたビジュアルでは、そんな歌姫ベルと竜の姿が描かれている。

『竜とそばかすの姫』(C)2021 スタジオ地図
これまで、主人公が少しずつ成長する様子と、入道雲の雄大な姿を重ね合わせることで、「夏休みに冒険をして、一皮むけ、成長する」というテーマを象徴的に表現してきた細田監督。今回のビジュアルでは、入道雲が浮かぶ青空から一転、満点の星空の元、見つめあうベルと竜がロマンティックに写し出されている。

なおこのビジュアルは、ポスターとして6月上旬より映画館に掲示される。

さらに、世界のクリエイターだけでなく、日本屈指のクリエイターたちが本作に集結していることも判明。仮想世界<U>の世界でみんなから恐れられている竜のデザインは、書籍の装画なども手掛ける秋屋蜻一が担当。数あるデザイナーの中から、細田監督直々に選んだ新しい才能で、その竜のキャラクターデザインも今回公開された。

秋屋蜻一による竜のキャラクターデザイン『竜とそばかすの姫』(C)2021 スタジオ地図
ほかにも、東映動画所属時代に細田監督の師匠であり、『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』以降、細田作品のメインスタッフとして全ての作品に参加している山下高明が、<U>の世界の作画監督を。同じくほぼ全ての細田作品に原画や作画で携わっている青山浩行が、現実世界の作画監督とキャラクターデザイン。今敏監督の全作品で美術監督を担当した池信孝が美術監督。『サマーウォーズ』で<OZ>の美術デザインを担当した上條安里が美術設定(プロダクションデザイン)。<OZ>の世界とアバターのCGを制作指揮した堀部亮がCGディレクター。同じく『サマーウォーズ』でCGを担当した下澤洋平もCGディレクターとして名を連ねる。

『竜とそばかすの姫』は7月16日(金)より全国東宝系にて公開。
《cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top