西島秀俊、“妻”霧島れいかへの疑念深まる…『ドライブ・マイ・カー』30秒予告第2弾

村上春樹による短編小説を基に西島秀俊主演で映画化した『ドライブ・マイ・カー』から、ストーリーの全貌に近づきつつある、30秒予告【第2弾】が解禁。

映画 邦画ニュース
『ドライブ・マイ・カー』 (C)2021 『ドライブ・マイ・カー』製作委員会
  • 『ドライブ・マイ・カー』 (C)2021 『ドライブ・マイ・カー』製作委員会
  • 『ドライブ・マイ・カー』 (C)2021 『ドライブ・マイ・カー』製作委員会
  • 『ドライブ・マイ・カー』 (C)2021 『ドライブ・マイ・カー』製作委員会
  • 西島秀俊
  • 霧島れいか
  • 三浦透子
  • 岡田将生
村上春樹による短編小説を基に西島秀俊が主演、カンヌやベルリンなど世界が注目を寄せる気鋭・濱口竜介監督が映画化した『ドライブ・マイ・カー』。この度、ストーリーの全貌に近づきつつある、30秒予告【第2弾】が解禁された。

>>『ドライブ・マイ・カー』あらすじ&キャストはこちらから

解禁となった映像は、亡き妻・音(霧島れいか)が残した秘密をめぐるミステリアスな雰囲気漂うもの。印象的なカットが連なり、計り知れないストーリーの全貌が少しずつ見えてくる。

冒頭、幸せな夫婦生活を送るように見える家福(西島秀俊)とその妻・音の姿から一転、「今晩帰ったら少し話せる?」と何かを打ち明けようと決意した言葉だけを残し、音は突然この世を去ってしまう。さらに、喪失を抱える家福の専属ドライバーとなるみさき(三浦透子)との出会いや、音の秘密の鍵を握っているかのような俳優の高槻(岡田将生)の姿が映し出される。


「その先にあるものを、僕はまだ知らない。」とのコピーと相まって、妻が残した秘密を辿る果てに何が待っているのか、西島さん演じる家福自身もまだ気づいていないかのような、物語の展開にさらに期待が膨らむ予告編となっている。

『ドライブ・マイ・カー』は夏、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top