世界興収No.1の中国映画『エイト・ハンドレッド』日本公開

2020年世界興行収入No.1のヒットを記録した中国映画『エイト・ハンドレッド-戦場の英雄たち-』(原題:八佰)の日本公開がこのほど決定。日本版ポスタービジュアルも合わせて到着した。

韓流・華流 スクープ
『エイト・ハンドレッドー戦場の英雄たちー』(C) 2019 HUAYI BROTHERS PICTURES LIMITED THE SEVENTH ART PICTURES(FOSHAN) CO LTD ALL RIGHTS RESERVED
  • 『エイト・ハンドレッドー戦場の英雄たちー』(C) 2019 HUAYI BROTHERS PICTURES LIMITED THE SEVENTH ART PICTURES(FOSHAN) CO LTD ALL RIGHTS RESERVED
  • 『エイト・ハンドレッドー戦場の英雄たちー』(C) 2019 HUAYI BROTHERS PICTURES LIMITED THE SEVENTH ART PICTURES(FOSHAN) CO LTD ALL RIGHTS RESERVED
2020年世界興行収入No.1のヒットを記録した中国映画『エイト・ハンドレッド-戦場の英雄たち-』(原題:八佰)の日本公開がこのほど決定。日本版ポスタービジュアルも合わせて到着した。

1937年、日中戦争下の上海。中国軍第88師第524団の兵士たちは、河沿いに建つ巨大な倉庫「四行倉庫」を防衛拠点とし、迫り来る日本軍からの砲撃、銃撃、空爆などの総攻撃にさらされ、目の前で次々と仲間が犠牲になっていた。

それでも、決死の覚悟で激戦を耐え抜く兵士たちは、未来をがむしゃらに守り抜こうとしていた。地獄と化した運命の5日間、その勇姿は戦況を見守る多くの同胞の心を突き動かしていく――。

本作は、第二次上海事変の末期に中国軍の守備隊が繰り広げた「四行倉庫の戦い」として知られる実話を描く映画。

出演は、中国版『世界の中心で、愛をさけぶ』で主役を務めたオウ・ハオ、『The Crossing ザ・クロッシング』のワン・チェンユエン、『山河ノスタルジア』のチャン・イー、『罪の手ざわり』のジャン・ウー、日本軍司令官として中泉英雄が参加。

構想10年、総製作費は80億円。『ロクさん』『愛しの母国』のグアン・フー監督が、『X-MEN』のVFXスタッフを迎え、リアルな戦場を描き出している。

また、公開決定と合わせて到着した日本版ポスタービジュアルは、“戦場の英雄”が一人旗を持ち、向かってくる戦闘機と対峙する姿が写し出されている。

『エイト・ハンドレッドー戦場の英雄たちー』(C) 2019 HUAYI BROTHERS PICTURES LIMITED THE SEVENTH ART PICTURES(FOSHAN) CO LTD ALL RIGHTS RESERVED
『エイト・ハンドレッド-戦場の英雄たち-』は秋、TOHOシネマズ日比谷ほか全国にて公開予定。
《cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top