「Mine」イェ・スジョン、性と年齢ヘの偏見に立ち向かう『69歳』おうちでCine@mtで配信

アジア映画に特化した動画配信サービス「おうちでCinem@rt -いつでも・どこでも- 」から、7月に独占配信される作品ラインアップが発表。『裏切りのバラ』(2018)と『69歳』(2020)と韓国映画の注目作2本が登場する。

韓流・華流 スクープ
『69歳』(C)2019 KIRIN PRODUCTIONS. ALL RIGHTS RESERVED
  • 『69歳』(C)2019 KIRIN PRODUCTIONS. ALL RIGHTS RESERVED
  • 『裏切りのバラ』
  • 『裏切りのバラ』
  • 『裏切りのバラ』
  • 『裏切りのバラ』
  • 『裏切りのバラ』
  • 『裏切りのバラ』
  • 『69歳』(C)2019 KIRIN PRODUCTIONS. ALL RIGHTS RESERVED
アジア映画に特化した動画配信サービス「おうちでCinem@rt -いつでも・どこでも- 」から、7月に独占配信される作品ラインナップが発表。『裏切りのバラ』(2018)と『69歳』(2020)と韓国映画の注目作2本が登場する。

『裏切りのバラ』究極の選択をする前に…7月9日(金)配信


『裏切りのバラ』
コードネーム「最後の火花」ビョンナム、「人生は未完成」シムソン、そして「幸せは成績順」ドゥソクは、自ら人生に終わりを遂げるために集合し、お互いの死ぬまでにやりたいことリストを確認し合い、それらを達成して未練を断ち切ろうとする。

だが、その後すぐ、4人目の「最後のバラ」ことミジが到着。突然の美女の登場に男たちの計画に“待った”がかかる。彼女の衝撃の過去も明らかになり、3人は必死に生にしがみつく。金なし、職なし、学歴なし…。人生に行き詰った男たちと、謎多き女性の出会いがもたらす爽快な奇跡とは――。

『裏切りのバラ』
全てを失った一家の主ビョンナムに『ムルゲ 王朝の怪物』『長沙里9.15』のキム・イングォン、内弁慶の才能なし脚本家ソムシンに『王の預言書』「品位のある彼女」のチョン・サンフン。諦めの悪い浪人生ドゥソクを『82年生まれ、キム・ジヨン』のジヨンの弟役や大ヒットドラマ「ヴィンチェンツォ」の銀行頭取ファン・ミンソン役を演じたキム・ソンチョルが演じる。

『裏切りのバラ』
そして3人に生きる希望を与えた女性には、「椿の花咲く頃」でキーパーソンとなるヒャンミを演じたソン・ダムビ

『69歳』新人監督と“シスター・エマ”がタッグ 7月23日(金)配信


『69歳』(C)2019 KIRIN PRODUCTIONS. ALL RIGHTS RESERVED
69歳のヒョジンは、リハビリ治療中の病院で男性看護師に性暴行を受ける。その事実を同居人のドンインに告げ、警察に通報するが、彼女の話を信じる人はごくわずかだった。ヒョジンを愛するドンインは彼女を守ろうとするが、彼自身も心からヒョジンを信じ抜くことができずにいた。若く見た目もいい男性看護師は「合意のもとの行為だった」と主張し、裁判所も彼に無罪判決を下してしまう。

『69歳』(C)2019 KIRIN PRODUCTIONS. ALL RIGHTS RESERVED
四面楚歌の状況の中、ヒョジンは自分自身のために再び立ち上がる。体力や体格の差よりも、重くのしかかるヒョジンの“年齢”への偏見。シビアな題材と問いに満ちた台詞をもって、我々の内にある性別と年齢への偏見、固定観念をも炙り出していく――。

2019年釜山国際映画祭・ニューカレンツ部 KNN観客賞を受賞し、2020年ウーマン・イン・フィルム・コリア・フェスティバルでは監督賞と主演女優賞を受賞。2021年百想芸術大賞では主演女優賞と新人監督賞にノミネートを果たした本作。

『69歳』メイキング(C)2019 KIRIN PRODUCTIONS. ALL RIGHTS RESERVEDイェ・スジョン、イム・ソネ監督
最新ドラマ「Mine」でシスター・エマ役を演じ、『神と共に 第一章:罪と罰』『82年生まれ、キム・ジヨン』などに出演してきたイェ・スジョンがヒョジンを熱演。ドンインを演じるのは『工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』ほか、ホン・サンス作品の常連としても知られるキ・ジュボン。監督は本作が長編デビュー作となるイム・ソネ

『裏切りのバラ』は7月9日(金)より、『69歳』は7月23日(金)より「おうちでCinem@rt -いつでも・どこでも-」にて独占配信。

「おうちでCinem@rt -いつでも・どこでも-」
1作品の視聴料金
先行配信1,200円 ※視聴可能時間、料金は作品によって異なる
新作550円(税込)(視聴可能時間:48時間)
旧作440円(税込)(視聴可能時間:48時間)
《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top