杉咲花、新世代ラブコメディに挑戦 10月期水曜ドラマ「ヤンキー君と白杖ガール」

日本テレビ秋の新水曜ドラマは、連続テレビ小説「おちょやん」でヒロインを演じた杉咲花が主演する「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」に決定。今作が朝ドラ後、初のドラマ出演となる。

最新ニュース スクープ
日本テレビ秋の新水曜ドラマは、連続テレビ小説「おちょやん」でヒロインを演じた杉咲花が主演する「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」に決定。今作が朝ドラ後、初のドラマ出演となる。

光と色がぼんやりわかる程度の弱視の盲学校生ユキコと、喧嘩っ早いけど純粋な不良少年の森生。運命の出会いをした2人は、お互いのことを理解し、惹かれ合っていく――。

本作は、WEB連載で閲覧数累計2,000万PVを突破したうおやまの「ヤンキー君と白杖ガール」のドラマ化。

「ヤンキー君と白杖ガール」(うおやま/KADOKAWA)(C)うおやま/KADOKAWA
今回が日本テレビ系ドラマ初主演となる杉咲さんが演じるのは、主人公の赤座ユキコ。盲学校高等部3年生の彼女は、弱視で外を歩くときは白杖を持ち、見かけによらず口が悪く、気を許すと天然で可愛らしい一面も。

森生と出会い、なぜかまとわりつかれるようになり、初めは冷たい態度をとるユキコだったが、次第に彼の真っすぐさに惹かれるようになる。

原作を読み、「二人が少しずつお互いのことを知りながら、不器用に惹かれあっていく姿がコミカルに描かれる中で、『普通ってなんだろう?』ということを問いかけている作品で、すごくリアリティを感じました」と感想を語った杉咲さんは、演じるユキコについて「とてもピュアな人だと思いました。恋に対して臆病になってしまっているユキコが、森生からのアプローチに強気で反応しながらも実は動揺してしまっているという姿はとても可愛らしくて、クスッと笑ってしまうような愛おしさのある人だなと感じました」とコメント。

そして「一見交わることのなさそうな二人が惹かれあっていく姿にキュンとしたり、ハラハラさせられたり、思わず笑ってしまったり。そして、自分にとってのコンプレックスだと感じていたものすらも、なんだか愛おしく感じられる瞬間があるような、観てくださる方にとって勇気づけられるような作品になったらいいなと思っています」と視聴者へメッセージを寄せた。

また原作者のうおやまさんは「『見えにくさ』を抱える人のことを知ってもらいたくてひとりで始めたマンガが、様々な方に支えられて少しずつ広がり、このたび素晴らしいキャストとスタッフの皆様に実写化して頂けること、奇跡だと感じています。マイノリティ同士のラブコメだからこそ、生きづらいと感じている多くの方の心に寄り添えるドラマになる、と楽しみにしています!」と放送を期待している。

新水曜ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」は10月、毎週水曜日22時~日本テレビにて放送予定。
《cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top