内村光良&坂本真綾&斎藤司の吹替続投!『SING/シング:ネクストステージ』日本限定特報到着

『ミニオンズ』『ペット』『怪盗グルー』シリーズのイルミネーション・エンターテインメントが2017年に公開し、最終興収51億円超えの大ヒットを記録した『SING/シング』の待望の続編『SING/シング:ネクストステージ』より、日本限定特報映像が解禁された。

映画 洋画ニュース
『SING/シング:ネクストステージ』(C)2021 Universal Studios. All Rights Reserved.
  • 『SING/シング:ネクストステージ』(C)2021 Universal Studios. All Rights Reserved.
  • 内村光良/映画『SING/シング』ジャパンプレミア
  • 斎藤司(「トレンディエンジェル」)/『SING/シング』公開記念舞台挨拶
  • 坂本真綾
  • 『SING/シング:ネクストステージ』 (C)2021 Universal Studios. All Rights Reserved.
『ミニオンズ』、『ペット』、『怪盗グルー』シリーズなど世界中で愛される作品を生み出し続けるイルミネーション・エンターテインメントが2017年に公開し、最終興収51億円超えの大ヒットを記録した『SING/シング』の待望の続編『SING/シング:ネクストステージ』より、日本限定特報映像が解禁された。

>>『SING/シング:ネクストステージ』あらすじ&キャストはこちら

前作『SING/シング』では世界で唯一、全編吹き替え版の製作が許された日本では、豪華声優キャストと製作陣が集結。クオリティの高さも大きな反響を呼び、興行収入51億円超えの大ヒットを記録し、インターナショナル興収(アメリカ以外の国と地域の成績)で堂々1位を飾った。そしてこのたび、一部主要キャストの続投が決定。主人公のバスター役は内村光良、ロジータ役は坂本真綾、そしてグンター役は「トレンディエンジェル」斎藤司が5年ぶりに続投する。

内村光良/映画『SING/シング』ジャパンプレミア内村光良
前作に続いてバスターの声を担当する内村さんは「5年分、歳をとったので、なるべく若さを保って…思い出しながら演じたい」とコメント。またロジータ役の坂本さんは「前作では自分の殻を打ち破り見事に夢をかなえたロジータ、今作ではどんな新しいチャレンジをするのかワクワクしています」と今作へ大きな期待を寄せている。

そしてグンター役の斎藤さんも続投を「素直にめちゃくちゃ嬉しい」と喜び、「前回はまだ娘が生まれる前に演じたのですが、今は3歳になり、グンターとダンスした映像を何回も見て踊ってくれている」と家族のエピソードを披露している。


今回解禁された日本限定特報映像では、お馴染みのニュー・ムーン・シアターの面々に加えて、伝説のロックスター・ライオンのクレイをはじめとする魅力的な新キャラも数多く登場。果たしてバスターたちは新たなショーを成功させることができるのか。豪華ヒットソングに乗せてダンスあり、ミュージカルあり、ライブありのパワーアップした映像に期待が高まる。

『SING/シング:ネクストステージ』は2022年3月18日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top