ジェイソン・ステイサム×ガイ・リッチー16年ぶりのタッグ『キャッシュトラック』10月全国

ジェイソン・ステイサムとガイ・リッチー監督が16年ぶりにタッグを組んだクライム・アクション『WRATH OF MAN』が、邦題『キャッシュトラック』として10月8日(金)より全国公開することが決定。併せてポスタービジュアル、メインカットが解禁となった。

映画 洋画ニュース
ジェイソン・ステイサムとガイ・リッチー監督が16年ぶりにタッグを組んだクライム・アクション『WRATH OF MAN』が、邦題『キャッシュトラック』として10月8日(金)より全国公開することが決定。併せてポスタービジュアル、メインカットが解禁となった。

LAにある現金輸送専門の警備会社、フォルティコ・セキュリティ社。日々、現金輸送車=キャッシュトラックを運転するのは、特殊な訓練を受け厳しい試験をくぐり抜けた強者の警備員たちだ。そこに雇われた新人パトリック・ヒル(ジェイソン・ステイサム)、通称“H”。試験をぎりぎりで合格した彼は周りから特に気に留められる存在ではなかった。しかし、彼の乗ったトラックが強盗に襲われた時、驚くほど高い戦闘スキルでそれを阻止する。さらには、再びHの乗るトラックが強盗に襲われると、彼の顔を見た犯人たちはなぜか金も奪わずに逃げてしまう。彼は一体何者なのか? 周囲が疑心暗鬼に陥る中、全米で最も現金が動く日“ブラック・フライデー”にフォルティコ・セキュリティ社に集まる1億8,000万ドルの大金を狙う強奪計画が進行していた…。

『キャッシュトラック』(C)2021 MIRAMAX DISTRIBUTION SERVICES, LLC ALL RIGHTS RESERVED
『エクスペンダブルズ』、『ワイルド・スピード』シリーズなどへの出演でいまやハリウッドを代表するアクションスター、ジェイソン・ステイサム。デビュー作『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』以来、『スナッチ』『リボルバー』と、共に作品を製作してきた盟友ガイ・リッチー監督と、目的のために手段を選ばない謎多きキャラクターに挑んだ。リッチー監督とステイサムのタッグは実に16年ぶり。復活したゴールデン・コンビに期待が高まる。

フランス映画『ブルー・レクイエム』を下敷きに、謎の男と大金強奪計画が絡み合うストーリーとステイサムの魅力が存分に生かされたアクション、リッチー監督ならではの構成の妙が組み合わさり、新たなクライム・アクションの傑作を作り上げた。さらにホルト・マッキャラニー、ジェフリー・ドノヴァン、スコット・イーストウッド、ジョシュ・ハートネットなど、脇を固める主演級の豪華俳優陣にも注目だ。

今回、併せて解禁されたのは、片手に銃を持ちうつむいたステイサムをとらえたポスタービジュアル。「英雄(ヒーロー)か」それとも「悪党(ヒール)か」の文字が、一筋縄ではいかない硬派なストーリーを予感させるビジュアルとなっている。

『キャッシュトラック』(C)2021 MIRAMAX DISTRIBUTION SERVICES, LLC ALL RIGHTS RESERVED
『キャッシュトラック』は10月8日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top