アルゼンチンの名優と親子初共演!チノ・ダリンからメッセージ到着『明日に向かって笑え!』

アルゼンチン映画『明日に向かって笑え!』から、主演リカルド・ダリンの実の息子であり、本作で親子初共演を果たしたチノ・ダリンから日本公開に向けてのメッセージ動画が到着。

映画 洋画ニュース
『明日に向かって笑え!』チノ・ダリン (c)2019 CAPITAL INTELECTUAL S.A./KENYA FILMS/MOD Pictures S.L.
  • 『明日に向かって笑え!』チノ・ダリン (c)2019 CAPITAL INTELECTUAL S.A./KENYA FILMS/MOD Pictures S.L.
  • 『明日に向かって笑え!』(c)2019 CAPITAL INTELECTUAL S.A./KENYA FILMS/MOD Pictures S.L.
  • 『明日に向かって笑え!』チノ・ダリン (c)2019 CAPITAL INTELECTUAL S.A./KENYA FILMS/MOD Pictures S.L.
  • 『明日に向かって笑え!』チノ・ダリン (c)2019 CAPITAL INTELECTUAL S.A./KENYA FILMS/MOD Pictures S.L.
  • 『明日に向かって笑え!』(c)2019 CAPITAL INTELECTUAL S.A./KENYA FILMS/MOD Pictures S.L.
  • 『明日に向かって笑え!』(c)2019 CAPITAL INTELECTUAL S.A./KENYA FILMS/MOD Pictures S.L.
  • 『明日に向かって笑え!』(c)2019 CAPITAL INTELECTUAL S.A./KENYA FILMS/MOD Pictures S.L.
本国では2019年アルゼンチン映画での動員No.1の大ヒット、アカデミー賞外国語映画賞アルゼンチン代表にも選出された話題作『明日に向かって笑え!』。この度、主演リカルド・ダリンの実の息子であり、本作で親子初共演を果たしたチノ・ダリンから日本公開に向けてのメッセージ動画が到着。親子共演シーンの本編映像も解禁となった。

>>『明日に向かって笑え!』あらすじ&キャストはこちらから

1989年アルゼンチン生まれのチノ・ダリンは、『瞳の奥の秘密』(09)、『人生スイッチ』(14)など世界的に活躍し、アルゼンチン映画界の“メッシ”的存在ともいわれる本作の主演リカルド・ダリンを父に持つ。そして、日本でも公開され話題となったルイス・オルテガ監督『永遠に僕のもの』(18)で主人公の友人ラモンを演じ、甘いルックスとワイルドな魅力で観客のハートをつかんだ若手実力派。本作では父とともに出演・プロデューサーを務めている。

『明日に向かって笑え!』チノ・ダリン (c)2019 CAPITAL INTELECTUAL S.A./KENYA FILMS/MOD Pictures S.L.
そんなチノ・ダリンは、日本での公開にむけて「日本のみなさん こんにちは。『明日に向かって笑え!』がようやく日本で公開されます。皆で愛情を込めて作った作品なので、とても嬉しいです」と満面の笑顔でコメント。さらに「ぜひ劇場で楽しんで下さい」と続け、「日本のみなさんに熱烈なキスを!」と投げキッスを送り、最後に「グラシアス!(ありがとう)」と締めくくっている。


さらに解禁となる本編映像は、悪徳弁護士マンシーの隠し金庫から自分たちのお金を取り戻したいが、完璧な防犯装置を前に挫折しかけていたフェルミン(父のリカルド)が、ある夜、妻リディアとの想い出の映画『おしゃれ泥棒』からアイディアが閃く場面。あわてて寝ていた息子ロドリゴを起こし、「ひらめいたぞ。マンシーをハメる作戦だ」と言って『おしゃれ泥棒』のあるシーンをみせるフェルミン。それは美術館の防犯装置を逆手にとった奇想天外な泥棒作戦!「何度もしつこく警報器を作動させたら、警備員が解除した」というアイディアをパクることを思いつく。

『明日に向かって笑え!』(c)2019 CAPITAL INTELECTUAL S.A./KENYA FILMS/MOD Pictures S.L.
果たして、彼らは隠し金庫にあるお金を奪還することができるのか? チノ・ダリンも印象に残っているシーンだと語る、実際の親子ならではの空気感を感じさせる2人のやり取りや表情にも注目だ。

『明日に向かって笑え!』は8月6日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top