西島秀俊&宮沢りえが夫婦に、秋元康ミステリー「真犯人フラグ」10月放送

西島秀俊主演のドラマ「真犯人フラグ」が、10月期、そして来年1月期と、日本テレビ系日曜ドラマ枠にて“2クール連続”で放送されることが決定。宮沢りえと芳根京子が共演することも分かった。

最新ニュース スクープ
「真犯人フラグ」
  • 「真犯人フラグ」
  • 「真犯人フラグ」西島秀俊
  • 「真犯人フラグ」宮沢りえ
  • 「真犯人フラグ」芳根京子
  • 企画・原案:秋元康
西島秀俊主演のドラマ「真犯人フラグ」が、10月期、そして来年1月期と、日本テレビ系日曜ドラマ枠にて“2クール連続”で放送されることが決定。宮沢りえと芳根京子が共演することも分かった。

本作は、ある日、妻と子どもたちが消え、取り残された“悲劇の夫”が、たったひとつのSNS投稿をきっかけに、日本中が注目する“疑惑の夫”になってしまい、社会的に追い詰められながらも、真実を暴く壮絶な戦いに挑んでいく、秋元康が企画・原案を手掛け、「あなたの番です」の制作スタッフが仕掛ける、予測不能のノンストップ考察ミステリー。伏線と謎が張り巡らされ、毎話、怒濤の展開を繰り広げる。

今回、日本テレビ連続ドラマ初主演となる西島さんが演じるのは、家族が失踪したことで、日本中の注目を浴びる“疑惑の男”になってしまう主人公・相良凌介。「ミステリーであり、家族愛や友情についてのヒューマンドラマであり、そしてコメディでもあります」と本作について語った西島さんは、「結末はあえて聞いていません。共演者全員、それぞれに必要な情報しか与えられていないようです。何が起きて、誰が怪しいのか。僕も皆さんと一緒に考察していきたいと思います」とコメント。


そんな凌介の妻で、突然、子どもと共に姿を消しまう真帆を演じるのは、民放連続ドラマへの出演は「一番大切な人は誰ですか?」以来、17年ぶりとなる宮沢さん。凌介を叱咤激励しながら真実を暴いていく“相棒”となる部下・二宮瑞穂を芳根さんが演じる。

「企画書の段階でこんなにわくわくすることはないなと思い、早く犯人が知りたい!とのめり込んで読んでしまいました」と物語に引き込まれたと語る宮沢さんも、「実は、結末はまだ知らないんです。この作品に関われて、視聴者の方より少し早く真相を知る特権があるので、とても楽しみにしています」と心境を語っている。


一方、「あなたの番です」が好きだったという芳根さんは「そのチームで作る作品に参加させていただくことが本当に嬉しいです」と参加を喜び、「私が演じる二宮瑞穂という女性は、西島さん演じる相良課長と同じ部署で働く部下なんですが、課長は少しおっとりしていて抜けているところがある男性なので、そこをビシバシ引っ張って、一緒に真犯人を探しに行きます」と役どころを説明した。


「真犯人フラグ」あらすじ


相良凌介(西島秀俊)は、中堅の運送会社に勤める平凡なサラリーマンで、おっとりしていてお人好し。明るくチャーミングな妻の真帆(宮沢りえ)は、スーパーでパートをしながら家計を支えるしっかり者。仲良し夫婦の2人には、高校生の娘と小学生の息子がおり、郊外に念願のマイホームを建設中だ。

ある日、妻と子どもたちが忽然と姿を消した。何の手がかりも掴めない中、失踪が明るみに出たことで、一気に世間の注目を浴びる凌介。しかし、とあるSNSの投稿で、“悲劇の夫”から一転、“疑惑の夫”に。家族を殺害した“真犯人フラグ”を立てられながらも、頼れる部下・二宮瑞穂(芳根京子)の助けを借り、真実を暴く戦いに挑んでいく。

新日曜ドラマ「真犯人フラグ」は2021年10月期・2022年1月期、日本テレビ系にて放送予定。
《cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top