メル・ギブソンが武闘派サンタに!『クリスマス・ ウォーズ』10月公開

メル・ギブソン演じる武闘派サンタクロースが暗殺者と死闘を繰り広げるアクション映画『FATMAN(原題)』が、邦題『クリスマス・ウォーズ』として10月1日(金)に日本公開することが決定し、併せて日本版アートワークとメイン画像が解禁された。

映画 洋画ニュース

メル・ギブソン演じる武闘派サンタクロースが暗殺者と死闘を繰り広げるアクション映画『FATMAN(原題)』が、邦題『クリスマス・ウォーズ』として10月1日(金)に日本公開することが決定し、併せて日本版アートワークとメイン画像が解禁された。

クリス・クリングルと妻のルースは、何百年もの間、雪深いアラスカの森の奥深くに身を潜めてきた。実はクリスはサンタクロースなのだ。しかし、近年は彼の存在を信じない子どもの増加に伴って政府からの報酬が削減され、彼が営むおもちゃ工場と従業員は深刻な財政危機に陥っていた。ある日、彼は危機を脱するため、米国陸軍から依頼された兵器の製造を受託することに。一方、クリスマスの朝、欲しいものは全て手に入れてきた裕福な12歳の少年ビリーは、クリスマスのプレゼントへの期待を胸に目を覚ます。ところが彼に贈られたのはひとかけらの石炭だった。怒りが頂点に達し、復讐を誓ったビリーは凄腕の暗殺者へサンタクロース抹殺を依頼する。果たしてクリスは愛する仕事とクリスマスを守り切ることはできるのか!?


本作の監督を務めたのは、若い女性の遺体を発見した元警官が犯人探しに奔走するクライムスリラー『スモール・タウン・クライム -回り道の正義-』が観客・批評家から高い評価を得たイアンとエショムのネルムズ兄弟。武闘派のサンタクロースが彼の命を狙う暗殺者と死闘を繰り広げるという奇想天外な企画を温め続けてきた彼らは、ある日『博士と狂人』の役作りで豊かな髭を蓄えたメル・ギブソンの姿を見て彼へのオファーを決断、脚本を気に入ったメルも快諾する。

そして、『アントマン&ワスプ』の武器ディーラー、ソニー・バーチ役やクエンティン・タランティーノ監督作『ジャンゴ 繋がれざる者』、『ヘイトフル・エイト』で強烈な印象を残したウォルトン・ゴギンズ、マイク・リー監督作『秘密と嘘』で第69回アカデミー賞助演女優賞へノミネートを果たしたマリアンヌ・ジャン=バプティスト、『グッド・ボーイズ』などで知られる天才子役チャンス・ハーストフィールドら個性豊かなキャストが集結し脇を固めている。

今回解禁となった日本版アートワークは、銃を構えるウォルトン・ゴギンズと赤いコートに身を包むメル・ギブソンを中心に据え、燃え盛るクリスマスプレゼントや武装した兵士が、ただ事ではない展開を予感させるデザイン。また、「最終兵器はサンタクロース」の一言は、メル・ギブソン代表作の一つである『リーサル・ウェポン』を彷彿とさせる。

武闘派サンタvs子どもに雇われた凄腕暗殺者。果たして、クリスマスとサンタの威信を懸けた最終戦争の行方は!?

『ホーム・アローン』、『グレムリン』、『ダイ・ハード』ほか傑作クリスマス映画の系譜に並ぶ、注目の一作だ。

『クリスマス・ウォーズ』は10月1日(金)より新宿バルト9ほか全国にて公開。


《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top