第73回エミー賞をU-NEXTが独占生配信! レッドカーペットから授賞式まで

動画配信サービス「U-NEXT」が、米テレビ界最高峰の栄誉「第73回エミー賞」の授賞式、レッドカーペットの模様を日本時間9月20日(月)に独占配信することが決定した。

最新ニュース スクープ
第73回エミー賞U-NEXTが独占生配信(C) Television Academy.
  • 第73回エミー賞U-NEXTが独占生配信(C) Television Academy.
  • 第73回エミー賞U-NEXTが独占生配信(C) Television Academy.
動画配信サービス「U-NEXT」が、米テレビ界最高峰の栄誉「第73回エミー賞」の授賞式、レッドカーペットの模様を日本時間9月20日(月)に独占配信することが決定した。

「エミー賞」は、米国テレビ芸術科学アカデミーが主催する、毎年アメリカのテレビ業界で功績を残した番組に与えられるアワード。アカデミー賞と並ぶ米エンターテイメント界最高峰の栄誉と称され、アワードの行方には毎年、世界中から大きな注目が集まる。


今回の授賞式では、セドリック・ジ・エンターテイナーが司会を務め、米国時間9月19日(日本時間20日)、ロサンゼルスのL.A.ライブにて開催予定。米CBSほか、世界150以上の地域での放送・配信が決まっている。

昨年は、リミテッドシリーズ/テレビムービー部門最多26部門にノミネートされていた「ウォッチメン」が作品賞、レジーナ・キングが主演女優賞に輝いたほか、助演男優賞、脚本賞などを獲得。主演男優賞には、「ある家族の肖像/アイ・ノウ・ディス・マッチ・イズ・トゥルー」のマーク・ラファロ。ドラマ部門では「ユーフォリア/EUPHORIA」のゼンデイヤが史上最年少で主演女優賞受賞などと、数々のHBO作品が席巻。

そして本年度は、プラットフォーム別ではHBOが130部門と最多ノミネート。作品別では、「ザ・クラウン」、「マンダロリアン」が最多24部門、ほかにも「ワンダヴィジョン」(23部門)、「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」(21部門)、「テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく」(20部門)、「ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路」(18部門)、「クイーンズ・ギャンビット」(18部門)、「メア・オブ・イーストタウン/ある殺人事件の真実」(16部門)などがノミネートされている。

今回「U-NEXT」では、レッドカーペットから授賞式までの全てをリアルタイムで生中継。その後も見放題でアーカイブ配信する。

なお「U-NEXT」では、「ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路」「フライト・アテンダント」など、ノミネート作品が独占配信中だ。

「第73回エミー賞」は9月20日(月)8時~レッドカーペット、9時~授賞式をU-NEXTにて配信予定。
《cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top