永瀬廉演じる“私”の 日常が一変…『真夜中乙女戦争』特報&ティザービジュアル解禁

10代・20代を中心に圧倒的支持を受ける新鋭作家Fの初の小説を映画化した永瀬廉主演作『真夜中乙女戦争』より、特報映像とティザービジュアルが解禁となった。

映画 邦画ニュース

10代・20代を中心に圧倒的支持を受ける新鋭作家Fの初の小説を映画化した永瀬廉主演作『真夜中乙女戦争』より、特報映像とティザービジュアルが解禁となった。


>>『真夜中乙女戦争』あらすじ&キャストはこちら

「King &Prince」の永瀬廉を主演に迎え、平凡で退屈な日々を送る青年が“自分自身と東京を破壊するまでの夜と恋と戦争”を描いた本作。幅広い分野でマルチな才能を発揮する池田エライザ、数多くのドラマや映画に出演する実力派・柄本佑が共演し、脚本・監督は『チワワちゃん』『とんかつDJアゲ太郎』などの二宮健が務めている。

このたび解禁された特報映像では、無気力な日々を送る平凡な大学生の“私”(永瀬さん)、そして凛々しく聡明な“先輩”(池田さん)、危険なカリスマ“黒服”(柄本さん)の3人の姿が映し出される。面接で質問に淡々と答える“私”の表情からは、虚無感を抱え全てに無関心である様子がうかがえる。しかし「かくれんぼ同好会」で出会った凛々しく聡明な“先輩”に惹かれれつつも、人の心を一瞬で掌握してしまう危険なカリスマ“黒服”と出会ったことで、“私”の退屈だった日々は一変。冒頭の無気力だった“私”からは想像もできない、激しく叫ぶ姿も確認でき、【真夜中乙女戦争】という名の“東京破壊計画”へと巻き込まれていく姿が描かれる。

また、併せて解禁となったティザービジュアルは、物語のシンボルとなる“東京タワー”をバックに私、先輩、黒服の3人をとらえたもの。虚げな表情の“私”とは対照的に、揺らぐことのない真っ直ぐな眼差しをこちらへ向ける“先輩”と“黒服”が印象的だ。

“二つの出会いが退屈な日常を一変させる―最高に過激で美しい夜更かしの物語”というキャッチコピーからは、それぞれの出会いを機に幕を開ける【真夜中乙女戦争】と、青春への衝動と高揚を感じさせる。

加速する恋と疾走する真夜中の青春、そして内なる戦争をスリリングでサスペンスフルに描く、かつてない青春の物語。全ての“退屈”を破壊する青春ダークエンターテイメントに期待が高まるビジュアルとなっている。

『真夜中乙女戦争』は2022年、全国にて公開。


《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top