トーマシン・マッケンジー&アニャ・テイラー=ジョイが“シンクロ”…『ラストナイト・イン・ソーホー』12月公開

エドガー・ライト監督の4年ぶりの最新作となるタイムリープ・サイコ・ホラー『ラストナイト・イン・ソーホー』が12月より公開決定、ポスタービジュアルと特報映像が解禁となった。

映画 洋画ニュース

エドガー・ライト監督の4年ぶりの最新作となるタイムリープ・サイコ・ホラー『ラストナイト・イン・ソーホー』が12月より公開決定、ポスタービジュアルと特報映像が解禁となった。


>>『ラストナイト・イン・ソーホー』あらすじ&キャストはこちらから


キャストに、『ジョジョ・ラビット』で脚光を集め、M・ナイト・シャマラン監督最新作『オールド』にも出演する新鋭トーマシン・マッケンジー、NETFLIXオリジナルシリーズ「クイーンズ・ギャンビット」でゴールデン・グローブ賞ミニシリーズ/テレビムービー部門の主演女優賞を受賞したアニャ・テイラー=ジョイが名を連ねる本作。

この2大最旬俳優が演じるのは、ロンドンの異なる時代に存在する2人の若い女性。彼女たちはある恐ろしい出来事によって、それぞれが抱く“夢”と“恐怖”がシンクロしていく。同じ場所で異なる時代を生きる2人が出会ったとき、果たして、彼女たちに何が起きるのかー。ライト監督が60年代ロンドンとホラー映画への愛を込めて贈るタイムリープ・サイコ・ホラーだ。

エドガー・ライト監督

この度解禁となった魅惑的な特報映像では、ファッションデザイナーを夢見て、田舎町からロンドン・ソーホー地区の専門学校に入学するも、周りに馴染めず慣れない新生活を送るエロイーズ(トーマシン・マッケンジー)の姿が。エロイーズが夢の中で辿り着いたのは、クラシックできらびやかな60年代のソーホー。夢の中で出会う美しいサンディ(アニャ・テイラー=ジョイ)の姿に魅了され、夜毎、彼女の姿を追いかけるようになる。エロイーズは、夢か現実かこの奇妙なタイムリープを繰り返すうちに、次第に感覚も身体も彼女とシンクロしていき――。

アニャ演じるサンディの魅惑的な歌声に誘われながら、彼女たちを待ち受ける運命とは何なのか、好奇心を掻き立てるソーホーの幻想的な夜から目の離すことのできない特報となっている。また、ティザービジュアルには、目を見開き真っすぐにこちらを見つめる2人の姿があり、“夢と恐怖が、シンクロする”というコピーとともに合わせ鏡のように重なり合う。

『ラストナイト・イン・ソーホー』は12月、TOHOシネマズ日比谷、渋谷シネクイントほか全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top