アンジェリーナ・ジョリーが『モンタナの目撃者』の魅力を語る特別映像

『ボーダーライン』脚本や『ウインド・リバー』のテイラー・シェリダン監督が実力派キャストで贈るアンジェリーナ・ジョリー主演最新作『モンタナの目撃者』より特別映像が解禁となった。

映画 洋画ニュース
『モンタナの目撃者』(C) 2021Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
  • 『モンタナの目撃者』(C) 2021Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
  • 『モンタナの目撃者』日本版ポスター(C) 2021Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
  • 『モンタナの目撃者』(C)2021Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
  • 『モンタナの目撃者』(C) 2021Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
  • 『モンタナの目撃者』(C) 2021Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

『ボーダーライン』脚本や『ウインド・リバー』のテイラー・シェリダン監督が実力派キャストで贈るアンジェリーナ・ジョリー主演最新作『モンタナの目撃者』より特別映像が解禁となった。


>>『モンタナの目撃者』あらすじ&キャストはこちら

『Mr.&Mrs. スミス』、『ウォンテッド』、『ソルト』など、アクションヒロインの筆頭として世界的な地位を不動のものとしたアンジェリーナ・ジョリーが、本作では「暗殺者」と「未曾有の山火事」から少年を守り戦う森林消防隊員ハンナを演じている。

この度解禁されたのは、アンジェリーナのコメントが入った特別映像。映像は、燃え上がる炎と豪雨のように降りかかる灰の中、ハンナが一人突き進む撮影シーンから始まる。

大自然に包まれTシャツ姿のアンジェリーナが「辛い経験をして、深く傷ついたあと、前進する道を見つけ、克服していく人たちに引き付けられる。罪の意識に苛まれ、深く傷ついている」と語り、「風を読み間違えた。助けに行くべきだったのに。臆病者だった」と涙する本編シーンが重ねられていく。心に深い傷を抱えながらもモンタナの森の監視を続けるハンナは、父の殺害現場を“目撃”し、暗殺者に追われる少年コナー(フィン・リトル)と出会う。心を閉ざした少年に向き合ったハンナは「少年との絆が必要になる」と、少しずつ打ち解けていくことになる。

続いて、ニコラス・ホルトとエイダン・ギレン演じるプロの暗殺者が姿を現す。容赦なく銃弾を撃ちこむふたりの登場で、アンジェリーナは「自分が恐れるものに向き合わざるを得なくなって、無力感に襲われている」とハンナの心境を解説。だが、追われる身となったハンナとコナーの目の前にはモンタナの大自然に燃え上がる炎が襲い掛かるのだ。「すばらしいサスペンス。燃え盛る巨大な炎を越えていく最高のアドベンチャー。その底辺には…刺激し合い、互いを変えていく人々が描かれている」と、名手テイラー・シェリダン監督作の魅力を力説する。

そして猛烈な雷、燃え上がる炎と、大自然の猛威が襲いかかる。怯えるように身を隠す少年コナー、血だらけのハンナが引きずられるショットなど、大迫力の映像が連写されていき、「誰もが、全身全霊で、試練に立ち向かう」というアンジェリーナのコメントに重ねて、逃げ場を失い絶体絶命の窮地に追い込まれたハンナとコナーが決死の覚悟で川に飛び込んでいく。目の前には大自然の驚異、背後からは容赦なき暗殺者。極限状態に追い込まれたハンナは少年コナーを守り抜くことができるのか…。

目が離せない緊迫の展開に、本編への期待が高まる映像となっている。

『モンタナの目撃者』は9月3日より全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top