ユ・アイン×ユ・ジェミョンד82年生まれ”女性監督で映画賞席巻『声もなく』公開決定

『バーニング 劇場版』ユ・アインが新人女性監督とタッグを組み、韓国映画賞を席巻した『声もなく』が来年1月に公開決定。

韓流・華流 スクープ
『声もなく』 (C)2020 ACEMAKER MOVIEWORKS & LEWIS PICTURES & BROEDMACHINE & BROCCOLI PICTURES. All Rights Reserved.
  • 『声もなく』 (C)2020 ACEMAKER MOVIEWORKS & LEWIS PICTURES & BROEDMACHINE & BROCCOLI PICTURES. All Rights Reserved.

『バーニング 劇場版』「シカゴ・タイプライター~時を越えてきみを想う~」のユ・アインが新人女性監督とタッグを組み、韓国映画賞を席巻した『Voice of Silence』(英題)の邦題が『声もなく』に決定、2022年1月21日(金)より公開が決定した。

犯罪組織からの下請け仕事で生計を立てる、口のきけない青年テインとその相棒のチャンボクは、身代金目的で誘拐された11歳の少女チョヒを1日だけ預かることになる。トラブルが重なり、テインとチョヒの疑似家族のような奇妙な生活が始まるが、チョヒの親から身代金が支払われる気配はなく…。貧しさゆえ、裏稼業に手を染めたテインとチャンボク、裕福な家庭で育つが女児であるがゆえに家族から冷遇される少女チョヒ。出会うはずのなかった者たちの巡り合わせが、韓国社会で生きる声なき人間たちの孤独感を浮き彫りにする。

テインを演じるユ・アインは、『バーニング 劇場版』で世界的注目を集め韓国屈指のスター俳優となったが、新人監督の低予算オリジナル脚本作品への出演が大きな話題を呼ぶことに。さらには、一切セリフのない難役に体重を15kg増量して挑み、ベテラン俳優たちをおさえ青龍賞主演男優賞および百想芸術大賞最優秀演技賞を受賞した。

また、人懐っこい相棒チャンボクには「梨泰院クラス」の悪役で知られ映画『ビースト』公開も控えるユ・ジェミョン。相棒であり、父や兄のような存在であるチャンボクを、絶妙なバランスでコミカルかつリアルに演じている。

監督・脚本は、“82年生まれ”の新人女性監督ホン・ウィジョン。犯罪映画の常識を覆すユニークな演出と個性的なキャラクター描写で、切なさとアイロニーの入り混じる全く新しい映画を作り上げ、初長編にして、韓国で最も権威のある青龍賞新人監督賞と、韓国のゴールデン・グローブ賞と呼ばれる百想芸術大賞監督賞を受賞する快挙を果たした。世界各国の映画祭で話題をさらった『はちどり』(18)のキム・ボラ監督と並ぶ、80年代生まれの女性監督が登場した。

『声もなく』は2022年1月21日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国にて順次公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top