10代の視点で描くトランジェンダーのパパと家族の物語『パーフェクト・ノーマル・ファミリー』

監督の実体験から生まれたデンマーク映画『パーフェクト・ノーマル・ファミリー』が12月24日(金)より公開決定。主人公となる家族をとらえた日本版ポスタービジュアルが完成した。

映画 洋画ニュース

監督の実体験から生まれたデンマーク映画『パーフェクト・ノーマル・ファミリー』が12月24日(金)より公開決定。主人公となる家族をとらえた日本版ポスタービジュアルが完成した。

デンマークの郊外で暮らすエマは、地元のサッカークラブで活躍する11歳の女の子。ある日突然、両親から離婚すると告げられたことで彼女の日常が一変する。離婚の理由は「パパが女性として生きていきたい」からだった。

ホルモン治療によって日に日に女性らしくなるパパのトマスが、やがて性別適合手術を受けるという現実をエマは受け入れられず、ひとり思い悩んで寂しさを募らせ、時にはやるせない苛立ちを爆発させる…。「大嫌い。パパなんか死んじゃえ!」。そう叫びながらも、本当はパパのことが大好きなエマが、幾多の葛藤の果てに気づいた自分の気持ちとは――。

デンマーク・アカデミー賞で9部門にノミネートされ、メイクアップ賞、児童青少年映画賞を受賞した本作は、俳優として活動したのち、数多くの短編映画を発表してきたマルー・ライマン監督の初長編作。90年代末を背景に、トランスジェンダーをカミングアウトする当事者の娘である少女の視点で全編が語られるが、この物語は11歳のライマン監督の自伝的な作品。自らの実体験に基づくエピソードをちりばめながら、主人公エマの複雑な感情を繊細かつリアルにすくい取っていく。

エマ役を演じたカヤ・トフト・ローホルトは本作が映画デビュー。撮影当時、彼女はまだ10歳ながら、多感な時期に両親の離婚とパパからのカミングアウトに向き合う役柄を、このうえないナチュラルな存在感とリアクションで見事に演じ切った。

パパのトマス/アウネーテ役に扮したのは、『ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮』や『ヒトラーの忘れもの』などで知られる実力派俳優ミケル・ボー・フルスゴーだ。ライマン監督は、トマス/アウネーテの役は男性でもあり女性でもあることを示したかったと言い、男性の身体から自身の女性性を見出すことができるような身体性を持った人を探すことが重要だったため、当初からトランスジェンダーの役者の起用は考えたことがなかったと明かしている。

解禁された日本版ポスタービジュアルには、椅子に座るエマ、その隣にいるパパら、主人公エマ一家の写真が収められている。

『パーフェクト・ノーマル・ファミリー』は12月24日(金)より新宿シネマカリテほか全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top