RADWIMPS、藤井道人監督『余命10年』劇伴音楽を担当「生きていく意味が詰まっている」

「RADWIMPS」が、『新聞記者』『ヤクザと家族 The Family』の藤井道人監督がメガホンを取り、実写映画化する『余命10年』の劇伴音楽を書き下ろすことが決定。実写映画へは初チャレンジとなり、超特報映像とともに野田さん、藤井監督のコメントが到着した。

映画 邦画ニュース
『余命10年』野田洋次郎 (C)2022映画「余命10年」製作委員会
  • 『余命10年』野田洋次郎 (C)2022映画「余命10年」製作委員会
  • 小坂流加「余命10年」(文芸社文庫NEO刊)(C)文芸社文庫NEO刊
  • 藤井道人

「RADWIMPS」が、『新聞記者』『ヤクザと家族 The Family』の藤井道人監督がメガホンを取り、実写映画化する『余命10年』の劇伴音楽を書き下ろすことが決定。実写映画へは初チャレンジとなり、超特報映像とともに野田さん、藤井監督のコメントが到着した。


>>『余命10年』あらすじ&キャストはこちらから

「RADWIMPS」が映画全編の音楽を手掛けるのは、新海誠監督作品のアニメ映画『君の名は。』『天気の子』に続き3作目、実写映画の劇伴音楽を手掛けるのは本作が初挑戦となる。美しく透明感のある映像で高い評価を受ける藤井道人監督による“涙より切ない”物語に、全編を通じて「RADWIMPS」の楽曲が彩りを加えることとなる。

「はじめて実写映画での劇伴作業は挑戦に満ちたもの」だったと話すボーカルの野田さんは「(主人公の)茉莉や和人やその周りでたしかに生きる登場人物たちにどんな音で寄り添うべきなのか、背中を押すべきなのか、幾度もの苦悩があった」と音楽制作の現場をふり返る。また、「総合計時間にすると『余命10年』を100回近く観ていることになります。ですが、編曲もすべて終わり最終のオーケストラの本番レコーディングでやはり、画面を観ながら涙がポロポロと出てきました」と打ち明けた。

「RADWIMPS」野田洋次郎

藤井監督は、野田さんがクランクインより前に脚本から受けたインスピレーションで作った音楽を聴きながら撮影を進めたという。「脚本を読んだとき、茉莉と和人のイメージと、そこに寄り添う野田さんの音楽が自然と流れて来ました」と言い、「野田さんに導いてもらいながらこの作品は完成した。至福の時間だった」と撮影をふり返っている。

併せて劇伴音楽入りの超特報映像も解禁。「あと10年しか生きられないとしたら…」とタイプするシーンから始まり、優しい鼓動のようなピアノの音色が流れる。徐々に音が重なっていく中で、主人公の茉莉の様々なシーンでの背中が映し出されていき、「RADWIMPS」の音楽がその背中にそっと寄り添っているかのように聞こえてくる。「この映画には、あなたが明日からも生きていく意味が詰まっていると思います」と野田さんがコメントしている通り、茉莉と和人の背中を前に押し出しているような旋律だ。

今回解禁の超特報映像では、キャストは後ろ姿のみ。映画化発表の際にも茉莉や和人を誰が演じるのか、SNSで期待する声が多く上がっていたが、近日解禁予定となっている。

『余命10年』は2022年春、全国にて公開予定。

《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top