Netflix「イカゲーム」の成功をAmazonのジェフ・ベゾスが称賛 コスプレ衣装も激売れ

Netflixの韓国ドラマ「イカゲーム」が、世界中で大ヒットを記録している。

最新ニュース ゴシップ
「イカゲーム」(C) YOUNGKYU PARK
  • 「イカゲーム」(C) YOUNGKYU PARK
  • 「イカゲーム」
  • 「イカゲーム」(C) YOUNGKYU PARK
  • 「イカゲーム」(C) YOUNGKYU PARK
  • 「イカゲーム」(C) YOUNGKYU PARK
  • NETFLIXロゴ-(C)Getty Images

Netflixの韓国ドラマ「イカゲーム」が、世界中で大ヒットを記録している。「Deadline」などによれば、非英語作品でありながら言語の壁を乗り越え、カタール、オマーン、エクアドル、ボリビアなどを含む90か国以上で視聴数ランキングが1位に。Netflixの幹部が、これまで最も視聴された「ブリジャートン家」の記録を抜く可能性があると語るほどの人気ぶりだ。

それは、“ライバル”であるAmazonの共同創設者ジェフ・ベゾスが称賛するほど。ベゾスはツイッターで「イカゲーム」の成功を伝える記事のURLをシェアし、「Netflixのリード・ヘイスティング、テッド・サンドロス、それにチームはしばしば正しい答えを導きだしている。彼らは簡単ではない国際化戦略をうまくやってしまうんだ。素晴らしいことだし、奮い立たされる。(ドラマを観るのが待ちきれないよ)」とツイートしている。

さらに、人気はコスプレ市場にも広がっている。現在はハロウィーンシーズンということもあり、「Variety」誌によると、「イカゲーム」の中でキャラクターたちが着用している緑色のジャージが飛ぶように売れているのだという。(執筆時点で、米Amazonの男性用コスチュームランキングで1位)。

《Hiromi Kaku》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top