柳楽優弥&大泉洋、夢を語り笑いを学ぶ…『浅草キッド』青春詰まった場面写真

劇団ひとりが監督・脚本を手掛ける、ビートたけしの原点であり師匠である深見千三郎と過ごした日々を描いたNetflix映画『浅草キッド』より、場面写真が一挙公開された。

映画 邦画ニュース
Netflix映画『浅草キッド』
  • Netflix映画『浅草キッド』
  • Netflix映画『浅草キッド』
  • Netflix映画『浅草キッド』
  • Netflix映画『浅草キッド』
  • Netflix映画『浅草キッド』
  • Netflix映画『浅草キッド』
  • Netflix映画『浅草キッド』
  • Netflix映画『浅草キッド』

劇団ひとりが監督・脚本を手掛ける、ビートたけしの原点であり師匠である深見千三郎と過ごした日々を描いたNetflix映画『浅草キッド』より、場面写真が一挙公開された。

舞台は昭和40年代の浅草。大学を中退し、浅草フランス座に飛び込み、“幻の浅草芸人”深見千三郎(大泉洋)に弟子入りしたタケシ(柳楽優弥)。芸人としての成功を夢見て笑いの修行に励んでいたが、演芸場に足を運ぶ人は減る一方…。師匠・深見との日々、個性と才能に溢れる仲間たちとの出会い、そして芸人・ビートたけしが誕生するまでが映し出される。

今回到着した場面写真では、深見とタケシが、浅草フランス座の裏口でまるで互いの夢を語り合っているかのようなエモーショナルなカットや、タケシの運命を変えたエレベーターでの深見とのシーンと、2人の関係性が伝わってくる。

また、タケシが真剣な眼差しで深見に笑いを学ぶ姿、ステージでタップダンスをする様子など、笑いと芸ごとに生きる深見とタケシの師弟愛が感じられるものも。

さらに夢を語り合う仲間、門脇麦演じる浅草フランス座の踊り子・千春とタケシ、深見と深見の愛妻・麻里(鈴木保奈美)との団欒。タケシが生き生きとした表情で相方・キヨシ(土屋伸之)と漫才を披露する場面も公開された。

Netflix映画『浅草キッド』は12月9日(木)よりNetflixにて全世界独占配信。

《cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top