60年代のソーホーで2人の“夢”と“恐怖”がシンクロ…『ラストナイト・イン・ソーホー』予告編&ポスター到着

トーマシン・マッケンジー×アニャ・テイラー=ジョイ競演のエドガー・ライト監督最新作『ラストナイト・イン・ソーホー』の公開日が12月10日(金)に決定し、ポスタービジュアルと予告編が解禁となった。

映画 洋画ニュース

トーマシン・マッケンジー×アニャ・テイラー=ジョイ競演のエドガー・ライト監督最新作『ラストナイト・イン・ソーホー』の公開日が12月10日(金)に決定し、ポスタービジュアルと予告編が解禁となった。


>>『ラストナイト・イン・ソーホー』あらすじ&キャストはこちら


本作は、トーマシン・マッケンジーとアニャ・テイラー=ジョイといういまをときめく二大注目女優が共演し、エドガー・ライト監督が60年代ロンドンとホラー映画への愛を込めて贈るタイムリープ・サイコ・ホラー。すでにヴェネチア、トロントの国際映画祭で上映され、「今年最高の音楽映画」「エドガー・ライトらしさを残しながらも全く新しい」「今後10年間で最高のロンドン映画」など絶賛の声が上がっている。

この度解禁されたのは、トーマシン・マッケンジー、アニャ・テイラー=ジョイの2人のほか、それぞれの時代で出会う男たちも写し出されているポスタービジュアル。「魅惑的で恐ろしい。60年代ロンドンへようこそ」のコピーと、ネオンがあやしく光り輝くロンドン・ソーホーの街に溶け込み、まっすぐこちらを見つめる2人の姿も印象的だ。 また、併せて予告編も解禁となった。

ファッション・デザイナーになることを夢見るエロイーズ(トーマシン)は、新生活の期待を胸に大都会ロンドンのソーホーへやってくる。しかし、デザイン学校に入学するも、60年代に憧れを持つ彼女は同世代の周囲とはうまく馴染めずにいた。寮を飛び出し、一人暮らしをスタートさせ、お気に入りのレコードをかけ、ひとり眠りにつくと、エロイーズは夢の中へ…。

通りを抜けて辿りついた先には、60年代のソーホーの街に佇むクラブ「カフェ・ド・パリ」。足を踏み入れると、鏡越しに魅惑的な雰囲気をまとうひとりの女性、サンディ(アニャ)を見つけるのだった。サンディと出会ってから、エロイーズの生活は一転。夜毎、彼女を追いかけ覗き込むうちに、「これは夢じゃない」と思い始める…。60年代を代表する名曲に彩られ、めくるめく展開に目が離せない映像となっている。

『ラストナイト・イン・ソーホー』は12月10日(金)より TOHOシネマズ日比谷、渋谷シネクイントほか全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top