ローリーの娘役のジュディ・グリア、完成作を「怖くて見ていない」『ハロウィン KILLS』

映画史に残るホラー・アイコン“ブギーマン”を生み出した『ハロウィン』の続編『ハロウィン KILLS』。この度、母娘役で共演したジュディ・グリアとアンディ・マティチャックのインタビューが到着した。

映画 洋画ニュース
『ハロウィン KILLS』
  • 『ハロウィン KILLS』
  • 『ハロウィン KILLS』(C)UNIVERSAL STUDIOS
  • 『ハロウィン KILLS』(C)UNIVERSAL STUDIOS
  • 『ハロウィン KILLS』(C)UNIVERSAL STUDIOS
  • 『ハロウィン KILLS』(C)UNIVERSAL STUDIOS

映画史に残るホラー・アイコン“ブギーマン”を生み出した『ハロウィン』の続編『ハロウィン KILLS』。この度、母娘役で共演したジュディ・グリアとアンディ・マティチャックのインタビューが到着した。


>>『ハロウィン KILLS』あらすじ&キャストはこちらから

本作では、前作からの強力なスタッフ布陣が再集結したほか、主人公ローリー・ストロード役のジェイミー・リー・カーティス、ローリーの娘カレン役のジュディ・グリア、孫娘アリソン役のアンディ・マティチャックが続投し、三世代でブギーマンに立ち向かっていく。

完成した本作について、「私は見ていない」とジュディ。目を覆っていたからだそうで、「そこで何が起こっているかはわかっていて、怖くて、ゾッとしたけれど(笑)」と言いつつ、「でも、ワクワクもしたし、興奮した(笑)」と感想を語る。一方のアンディは「強烈で、混沌としていて、ワイルドで残酷な映画なのかと思った(笑)」と話している。

また本作は、前作<『ハロウィン』(’18)>と同じ日という設定。「変化をどのように自然な形で描くかについては話し合いをした」というアンディは、「2018年の映画(の最後)でトラックに乗っていた彼女は、今作で『私が彼を見つけてやる』と立ち上がる。人は、それぞれの形で悲しみに向き合うものだと思う。彼女が今何を乗り越えようとしているのかを、私たちは考えなければいけなかった」とふり返った。

母/祖母役のジェイミーとの共演については、ジュディが「彼女はとてもパワフルな人で、強さとエネルギーがある。彼女のことが本当に好き。彼女が近くにいると、怠け者になることはできない。このストーリーをとても大切に思っている」と語ると、「ジュディが今言ったことに全部賛成」とアンディ。

続けて「ジェイミーがアイコンと呼ばれるのには理由がある。ジェイミー・リーとしてはもちろんだけれど、ひとりの人間としても、彼女は素敵。彼女を知ることができ、一緒に仕事をすることができてクール」と魅力を述べ、「彼女はどのテイクでも毎回全力を尽くす。すごく真剣。おかげで私たちは良い意味でいつも緊張していて、そこから正直さが生まれた。彼女と仕事をすることで現場にいるみんながより良い仕事をできたと思う」と撮影での姿を明かした。

そしてジェイミー自身も、娘・孫娘のカレンとアリソンについて「前作のラストで戦士として覚醒した娘たちは、今やローリーを信じ、彼女と同じ道を歩み始めている。トーチは手渡された」と言う。

さらに今回、怯えている様子のアリソンをカレンが抱きしめる新場面写真が到着。一体、母娘に何が起こったのか? 気になるカットとなっている。

『ハロウィン KILLS』は10月29日(金)よりTOHOシネマズ日比谷、渋谷シネクイントほか全国にて公開。

《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top