コリン・ファレルが特殊メイクで宿敵“ペンギン”に!R・パティンソン『ザ・バットマン』US予告

ロバート・パティンソン主演『THE BATMAN−ザ・バットマン−』の最新US予告映像が解禁、 新生バットマンにキャットウーマン、ペンギンやリドラーの姿が!

映画 洋画ニュース
『THE BATMAN-ザ・バットマンー』 (C)2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.
  • 『THE BATMAN-ザ・バットマンー』 (C)2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.
  • 『THE BATMAN-ザ・バットマンー』 (C)2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.
  • 『THE BATMAN-ザ・バットマンー』 (C)2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.
  • コリン・ファレル-(C) Getty Images
  • ゾーイ・クラヴィッツ Photo by Dimitrios Kambouris/Getty Images for The Met Museum/Vogue

昨年、初開催して大きな反響を呼んだ参加無料の世界同時オンラインイベント「DCファンドーム」が日本時間10月17日(日)に開催され、ロバート・パティンソン主演『THE BATMAN−ザ・バットマン−』の最新US予告映像が独占初公開された。


>>『THE BATMAN−ザ・バットマン−』あらすじ&キャストはこちらから

新たなバットマン/ブルース・ウェイン役を、『TENET テネット』で主人公のバディ“ニール”を好演し、ウィレム・デフォー競演『ライトハウス』など、『トワイライト』シリーズ以降も着実にキャリアを積んできたロバート・パティンソンが務める本作。多くのキャラクターの解釈も一新され、ペンギン役には『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』『ダンボ』のコリン・ファレル

コリン・ファレル

リドラー役に『それでも夜は明ける』『スイス・アーミー・マン』のポール・ダノ、キャットウーマン役に『ファンタスティック・ビースト』シリーズのゾーイ・クラヴィッツ、カーマイン・ファルコン役に『トランスフォーマー』シリーズのジョン・タトゥーロ、そしてお馴染みのアルフレッド役とジェームズ・ゴードン役として、『猿の惑星』シリーズのアンディ・サーキス、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』のジェフリー・ライトが出演している。

新たに解禁された予告映像には、「夜空に光るシグナルはただの合図じゃない、警告だ」と言葉で、突如暗闇から現れ、瞬く間に敵を倒していくのは、ロバート演じる新たなバットマン。ゴッサム・シティを守るため孤独な戦いに身を投じていく、若き日のヒーローの姿を確認することができる。

破滅の道を進まんとするバットマン/ブルース・ウェインに歩み寄るのは、善と悪の境界線をまるで猫のように闊歩するキャットウーマン(ゾーイ・クラヴィッツ)。「私たち似てるのかも」とバットマンに囁き見つめ合う、どこかロマンスを漂わせるシーンもあるが…。「このままでは、あなた様は全てを失う」と誰よりもブルースの身を案じ、彼にとって肉親以上の存在とも呼べる執事のアルフレッド(アンディ・サーキス)の姿も。

さらに映像では、アイコニックなヴィランたちも登場! 警察に連行される謎の男が去った後のコーヒーカップに残された「?」の文字、そして「黒くて青くて死んでるモノ なーんだ?」という“なぞなぞ”…。天才的な知能を持ち、バットマンと戦いを繰り広げるヴィラン“リドラー”(ポール・ダノ)の存在が、今回の物語に波乱を巻き起こすきっかけなのか!? バットマンに謎のメッセージを残していく、リドラーからの挑戦状とも言えるワンシーンとなっている。

そして、バットマンにとっては最も古い宿敵の1人と言われ、邪悪な心を持つ狡猾な策略家“ペンギン”(コリン・ファレル)は、「俺の勝ちだ!」と爆風を背に車で走り去るも、激しく燃え上がる炎の中からバットマンがバットモービルで猛追。闇の翼は決して悪を許さないという、バットマンの“ダークヒーロー”らしさが垣間見える場面で締めくくられている。

本作はバットマン誕生の物語ではなく、若き日のバットマンを描いた作品で、ヴィランたちもまたヴィランとして完全になる前の姿として描かれている。今回解禁された映像からも、ヴィランとして“覚醒”する前にも関わらず、人間誰もが持つ影と憎悪を象徴したかのような姿を確認することが出来る。若き日のバットマンが、いかにして“ダークヒーロー”としての道を歩んだのか。いま、新たな1ページが開かれようとしている。

なお、DCファンドームにはパティンソンをはじめ、『ブラックアダム』(原題)のドウェイン・ジョンソン、『ザ・フラッシュ』(原題)のエズラ・ミラー、『アクアマン』ジェイソン・モモア、『シャザム!』ザッカリー・リーヴァイなど、DC映画の主要キャストらの出演今年はリアルタイムで視聴できない方や、何度も観返したい方のために、日本語字幕完全版アーカイブ映像の配信が決定。10月23日(土)19時より11月7日(日)まで、ワーナー ブラザース公式YouTubeチャンネルにて期間限定配信を予定している。

『THE BATMAN-ザ・バットマンー』は2022年春、全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top