永野芽郁&岡田健史、幸せそうなシーン登場『そして、バトンは渡された』スポット映像3種独占入手

永野芽郁と田中圭が親子役で共演する映画『そして、バトンは渡された』より、3種のスポット映像をシネマカフェが独占入手した。

映画 邦画ニュース
『そして、バトンは渡された』(C)2021 映画「そして、バトンは渡された」製作委員会
  • 『そして、バトンは渡された』(C)2021 映画「そして、バトンは渡された」製作委員会
  • 『そして、バトンは渡された』(C)2021 映画「そして、バトンは渡された」製作委員会
  • 『そして、バトンは渡された』(C)2021 映画「そして、バトンは渡された」製作委員会
  • 『そして、バトンは渡された』(C)2021 映画「そして、バトンは渡された」製作委員会
  • 『そして、バトンは渡された』(C)2021 映画「そして、バトンは渡された」製作委員会

永野芽郁と田中圭が親子役で共演する映画『そして、バトンは渡された』より、3種のスポット映像をシネマカフェが独占入手した。


>>『そして、バトンは渡された』あらすじ&キャストはこちらから

今回到着したのは、“号泣編”、“旅立ちの日に編”、“共感編”の3種のスポット映像。“号泣編”では、主人公・優子(永野さん)と森宮さん(田中さん)が涙するシーンと共に、一般試写会を訪れた観客の感想が挿入され、“旅立ちの日に編”では名曲「旅立ちの日に」の合唱シーンが登場し、未来へ飛び立とうとする優子と、娘の成長を見守り続けてきた森宮さんの気持ちが、曲とリンクし胸を揺さぶられる。

最後に“共感編”では、2人の母親と3人の父親に育てられたと話す優子と天才ピアニストの同級生・早瀬くん(岡田健史)とのシーンが登場。一生忘れられない感動が待ち受けるという、優子が知った親たちの切なくも愛おしい嘘とは…? 本作への期待がさらに膨らんでいく映像だ。

また、本作の本予告や今回のスポット映像でナレーションを担当した声優の細谷佳正は、一足先に本作を鑑賞し「人は他者から影響を受けながら、他者に影響を与えながら生きているのだと、改めて思わされました。他者の決断を尊重する様々な登場人物の姿に、これから先の人間関係の在り方を感じたし、他者の意思を封じ込めてしまうエゴの中にも、愛情を見たような気がしました」と感想を語る。フリーアナウンサーの宇垣美里も「画面いっぱいに溢れるそれぞれの愛の形がじんわりと胸に沁みる。家族とは血の繋がりにあらず。自分や自分の大切な人を大切に慈しみここまで守ってくれた人たちの声が聞きたくなった」とコメントを寄せている。


『そして、バトンは渡された』スポット映像



号泣編
旅立ちの日に編
共感編

『そして、バトンは渡された』は10月29日(金)より全国にて公開。

《cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top