サンドラ・ブロック、過去に苦しむ元受刑者を演じるNetflix映画『消えない罪』予告編

サンドラ・ブロックが主演およびプロデューサーを務めるNetflix映画『消えない罪』が12月10日(金)配信。この度、本作の予告編とキービジュアルが公開された。

映画 洋画ニュース
Netflix映画『消えない罪』12月10日(金)より独占配信開始
  • Netflix映画『消えない罪』12月10日(金)より独占配信開始
  • Netflix映画『消えない罪』12月10日(金)より独占配信開始

サンドラ・ブロックが主演およびプロデューサーを務めるNetflix映画『消えない罪』が12月10日(金)配信。この度、本作の予告編とキービジュアルが公開された。

過去に犯してしまった殺人の罪で20年の刑期を終え出所したルース・スレイター。罪を償ったはずだが、社会に出たルースに待ち受けていたのは、過去の罪が許されない世界。孤立し安息を求めた故郷でも厳しい批判に遭い、次第に行き場をなくしていく。彼女が罪を償うための唯一の手段は、昔とある理由で置き去りにしてしまい、離れ離れになっていた妹を探すことだった――。

『しあわせの隠れ場所』でアカデミー賞主演女優賞に輝き、『ゼロ・グラビティ』でも再び同賞にノミネートされるなど、演技派俳優としての地位を確立したサンドラが今回演じるのは、許されぬ罪を背負って生きる元受刑者・ルース・スレイターという、これまで演じたことのない役。

到着した予告編では、事件を知る人々からの非難が後を絶えず、精神的にも追い詰められていく中、唯一の望みである妹を捜そうとするルース。虚ろな表情で街を彷徨い、思わず感情をむき出しにし、再び妹との繋がりを取り戻そうと、悩み、葛藤する姿が映し出されている。

Netflix映画『消えない罪』予告編

監督は、『システム・クラッシャー 家に帰りたい』が2019年のベルリン国際映画祭で銀熊賞(アルフレッド・バウアー賞)を受賞し注目を集めるドイツ出身のノラ・フィングシャイト。キャストには、サンドラのほか、『メン・イン・ブラック』『マグニフィセント・セブン』のヴィンセント・ドノフリオ、『マ・レイニーのブラックボトム』のヴィオラ・デイヴィスらが名を連ねている。

なお本作は、11月26日(金)より、日本の一部劇場にて公開も予定されている。

Netflix映画『消えない罪』は12月10日(金)より独占配信。

《cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top