キルスティン・ダンスト、20代でリハビリ施設に入所した体験談を「シェアすることは大事」

「FARGO/ファーゴ」で共演したジェシー・プレモンスと婚約し、2児をもうけたキルスティン・ダンスト。「このような個人的なことを話すのはつらいけれど、シェアするというのは大事なことでもある」として、「The Sunday Times」誌に体験談を語った。

最新ニュース ゴシップ
キルスティン・ダンスト Photo by Lia Toby/Getty Images for BFI
  • キルスティン・ダンスト Photo by Lia Toby/Getty Images for BFI
  • キルスティン・ダンスト、ジェシー・プレモンス Photo by Presley Ann/Getty Images for LACMA
  • キルスティン・ダンスト(C) Getty Images

ドラマシリーズ「FARGO/ファーゴ」で共演したジェシー・プレモンスと婚約し、2児をもうけたキルスティン・ダンスト。母親になったことで「新しいレベルの自由を手に入れた」というが、20代のときはうつに直面し、2008年にユタ州のリハビリ施設で治療を受けたことがある。「このような個人的なことを話すのはつらいけれど、シェアするというのは大事なことでもある」として、「The Sunday Times」誌に体験談を語った。

「27歳くらいになると、ほとんどの人が窮地に陥ると思うんです。脳の中でなんでもうまくいっていても、精神的にはこれ以上耐えることは無理。私は怒りを抱えていたんだと思います。その怒りをすべて抑え込んでいました。無意識にです」とふり返る。リハビリ施設での治療については、「私が言えることは、なにか(こういったこと)から抜け出すには、治療薬はとても役に立つということです。私は薬を飲むということに恐れを感じていて、長い間抵抗していましたが、必要なときはやはり助けを求めるべきです」と話した。

キルスティンは2010年に「New York Magazine」で初めてうつについて語った。2006年の『マリー・アントワネット』でタイトルロールを演じた際に「私は楽しんで演じたけれど、ひどい評価を受けた」こと、それによって傷ついている時期にハリウッド・ヒルズの邸宅で一人暮らしをしていたことで精神的に不安定になってしまったと明かしていた。

《Hiromi Kaku》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top